« 山中の青い宝石 四尾連湖 | トップページ | 山行 奥大井の花の山を訪ねて 大札山その1 »

2014年5月 6日 (火)

天然児 田舎駅ヲ占拠ス

 GW真っ只中の5月3日(土)、おなじみ天然児、ババのトリオで川根路にやってきました。夏も近づく八十八夜。お茶所川根では、お茶農家の方々がGW関係なしでお茶の収穫に精を出されていました。大井川のゆったりとした流れと渡る川風、青々とした茶畑と山並みの新緑。どれを取っても爽やかです。

 大井川鉄道の福用という駅に立ち寄りました。大井川に沿ったR473をかっ飛ばしていたところ、並走する大井川鉄道の沿線に三脚を構える人の姿が多いことに気付いたので、SLがやってくるかな?と思ってたまたま近くの駅に立ち寄った次第です。

Dsc03536 可愛らしい福用駅

 福用の駅は小さな木造駅舎の無人駅で、駅前には切符売り場と郵便局を兼ねた商店が1軒あるだけです。付近には何があるかといえば、小さな集落と八高山という山、それに大井川です(笑)田舎の駅には無料の駐車場があって、堂々と乗り付けられるのがありがたいことです。大井川鉄道には何の益もにもなりませんが。

Dsc03520 金谷行普通電車到着

 駅の時刻表を見ると・・・電車は1時間です。でもすぐに踏切の警報器が鳴りだして、金谷行の普通電車が到着しました。この普通電車は、かつては近鉄特急ビスタカーとして活躍していた車両ですが、今は大井川沿いでのんびり余生を送っています。

 普通電車がしばらく停車しているので、千頭方面の通過電車がやってくるようです。通過電車=SL急行でしょうか。きっとそうでしょう♪期待どおりに遠くから汽笛と煙が近づいてきました。

Dsc03521 SL急行かわね路号、10時22分定刻通り?福用を通過。

Dsc03525 プッシュ・プル運転

 急行通過後に金谷方面に普通電車も出発していきました。大井川を渡る風音が聞こえてきそうなほどの静けさを取り戻した福用駅ですが、事件発生!今日1日をここで過ごすつもりになった天然児が駅構内に立て籠もってしまいました。駅舎に飾られているSLの写真を眺めてみたり、ホームのベンチに腰を下ろしてみたり。

Dsc03535 ホームを占拠する天然児

 まあこういう休日の過ごし方もあろうかと思ったのですが、こっちも目的があってここまで来ているので、天然児を駅構内から排除するため強行突入を図りました。しかし、天然児が大声をあげて抵抗したので、ご近所迷惑を考えて撤退。第1次突入は失敗しました。第2次は作戦を変更し、強行突入ではなく、例の駅前商店から好物のコーヒー飲料を買ってちらつかせる作戦です。

 案の定、コーヒー飲料に釣られて駅舎から出たところを取り押さえられ、そのまま軍馬に押し込まれて拉致された天然児でした。

« 山中の青い宝石 四尾連湖 | トップページ | 山行 奥大井の花の山を訪ねて 大札山その1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/56070197

この記事へのトラックバック一覧です: 天然児 田舎駅ヲ占拠ス:

« 山中の青い宝石 四尾連湖 | トップページ | 山行 奥大井の花の山を訪ねて 大札山その1 »