« WWⅠより百年 | トップページ | 照ヶ崎、敵前上陸ヲ敢行セリ! »

2014年7月30日 (水)

大原沖 赤い太陽とキントキ

 7月27日(日)、外道会の夏季定例会として、外房大原でキントキ五目釣りを開催しました。大原のキントキ五目は、10年ほど前から続いている当会の初夏の目玉イベントで、当初は1泊2日の夏季合宿として、初日に午後船でキントキ五目をやって、夜の反省会を挟んで、翌日は酔いながらイサギを釣る大イベントでした。しかし、ここ数年は会員の高齢化と幹事の懐の寒さにより、隔年でキントキとイサギを交互に開催しておりました。

 前日に大原へ向かう道中、東京湾アクアラインでは南西の風12mという荒れ模様で、翌日の出船を危ぶみましたが、船宿秀丸の女将さんは「明日は大丈夫ですよ」と太鼓判。東京湾や相模湾と違って、外海の船宿は多少の波風で見合わせていては商売になりませんからね。

P1120352 ポイントに到着

 翌朝は3時に起床。まだ薄暗い4時に港を出船しました。東向きの外房は朝が早いです。太東崎灯台の明かりを左手に船は快速で一路東に進みます。航程1時間、赤く染まった東の空から陽が昇り始めると、数隻の漁船が集まっているポイントに到着しました。前日の風の影響でしょうかうねりがかなり大きくて、他船が大きく揺れているのがわかります。

P1120358 海上は荒れ模様

 5時過ぎにスタート。水深は30mほどの浅いポイントです。大原港から真東に1時間も走ってきているのにこの水深は驚きです。3本針の胴突き仕掛けに餌の塩漬けイワシを付けて投入します。おもりが水底に着底したら1mほど切りますが、起伏のある水底なので小まめにタナを取り直す必要があります。

P1120355 餌の塩漬けイワシ

 連日の真夏日が嘘のように会場は涼しく、メンバーの中には上着を着込む人もいました。風はそれほど気にならないもののうねりが大きく、特にミヨシ(船首)は上下に揺られて、タナは取りづらいは立っているのも辛いほどです。1投目から当たりがあって、ドキドキしながら上げてみれば、背中合わせのメンバーとお祭。真っ赤なキントキがついていましたが、相手のお魚でした。残念!

P1120356 これが本命キントキダイ(チカメキントキ)

 気を取り直して2投目、3投目と続けると、フワフワッとした気味悪い当たりの後、竿が上下にゴツゴツと大きくしなるキントキ独特の当たりです。巻き上げると大きく引き込まれるので、浅い水深でも電動リールはあった方が良いですね。真っ赤な鎧を着込んだキントキダイは水面に上がってくるとテンションも高まります。口が硬い魚なので、アジのように取り込みに失敗することはめったにありません。

 釣れたキントキはバケツの水の中でしばらく泳がせておきますが、バケツが賑ってくると弱ってくるのでクーラーに移します。この日釣れたキントキはどれもが3、40cmあって、体高のある魚体なので、10尾も入れるとクーラーはいっぱいになってきます。

P1120354 キントキにクロソイも

 時間が経つにつれて余り食わなくなってきますが、人間の欲は尽きないもの。更に4尾のキントキとクロソイ1尾をクーラーにギュウギュウ詰め込んで持ち帰ることになりました。船中は竿頭がキントキ15で、裾は半分くらいでしょうか。キントキ「五目」とはいえ、私のクロソイ以外には外道が出なかったようです。

 この釣りは、キントキ独特の大きな当たりに即反応してしまうと、食いが浅いのですっぽ抜けてしまいます。イシモチ釣りのような向こう合わせと追い食いさせることで、釣果の差が出る釣りです。釣り味万点の釣りにメンバー全員楽しめたようです。また来年も来ようと思える釣りです。

 お楽しみはお刺身と煮つけ、お刺身が食べきれなくなったらフライもいいなぁ♪

 最後に、反対側で釣りをしていたメンバーが悠々と水面を泳ぐウミガメを見たとか。カメは縁起物です。ぜひ見たかったところですが残念。今後の釣果に差が出るかもしれませんね。

« WWⅠより百年 | トップページ | 照ヶ崎、敵前上陸ヲ敢行セリ! »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/56936093

この記事へのトラックバック一覧です: 大原沖 赤い太陽とキントキ:

« WWⅠより百年 | トップページ | 照ヶ崎、敵前上陸ヲ敢行セリ! »