« アメリカンに占領された蓮池 | トップページ | WWⅠより百年 »

2014年7月23日 (水)

山行 おじさんは山へ顔を洗いに 箱根外輪山

 昨日、待ちに待った梅雨明けが宣言さたが、話は少し前のこと。早起きした朝、どんよりと雲が垂れ込めた丹沢に背を向けて、R134を一路西へ。箱根外輪山の山裾、小田原の和留沢にやってきた。ここから箱根外輪山まで延びている奥和留沢みはらしコースは、沢沿いから笹藪のトンネル、植林帯の九十九折、岩尾根越えと変化に富んだハイキングが楽しめる。登山道も地元の有志の手によって道標などが整備されていて安心である。

P1120174 笹薮の多いルート P1120188 あれは大山だろう

 梅雨の合間の山歩きでは、濡れたり泥んこになることはある程度覚悟の上であるが、初っ端の笹薮あるきでびっしょりになってしまった。寝起きの脂ギッシュ男の顔だったので、ちょうど良い洗顔になった。

P1120190 ホタルブクロ P1120216 ヤマボウシの花は最盛期 P1120230
 ホタルブクロ、ヤマアジサイ、ヤマオダマキ、ヤマボウシなどの花が良く咲いていたが、特にヤマボウシは満開である。葉が生い茂ってから開花する種なので、花があまり目立たないのだが、この日一番よく咲いていた。

P1120182 一見美味しそうだが P1120203 キノコワールド2014 P1120200

 花も良いが、湿気の多いこの季節は多様な菌類を育む。足元から、岩陰から、傍らの木の幹から、ニョキニョキしていた。菌類は名前も味も全く分からない。玄人の世界である。

P1120212 外輪山の向こうに富士 P1120211 神山と駒ヶ岳

 登山口から1時間余で外輪山の尾根上に到達した。金時山や丸岳など外輪山の背後に富士山が良く見えていた。箱根の最高峰神山は、強羅温泉郷を挟んで対峙している。大涌谷のガレ場が正面に見えた。

P1120215 明神まで行こうとしたが・・・

 このまま外輪山縦走ルートを明神まで歩こうとしたが、草が深くて途中で引き返してしまった。冬場はよく歩かれる外輪山であるが、この時季歩く人はまれのようである。

« アメリカンに占領された蓮池 | トップページ | WWⅠより百年 »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/56879033

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 おじさんは山へ顔を洗いに 箱根外輪山:

« アメリカンに占領された蓮池 | トップページ | WWⅠより百年 »