« 山行 旨味少ない長い尾根道 御正体山その2 | トップページ | 越後の出世人 »

2014年8月15日 (金)

素晴らしき曲線美!

 8月10日(日)、台風11号の悪天候をついて圏央道、更には関越道を驀進。トンネルを抜けると晴天の越州・・・ではなく、どんよりとした空模様の魚沼にやってきました。言わずと知れた米どころ魚沼。美味しいものを食べるぞー!と楽しみにしてきたのも夢のまた夢。関越道上で天然児が暴発して某SAで爆弾処理。かみも長男も私もすっかり食欲を失ってしまいました。

 最初の観光地は六日町。六日町には、上杉景勝や直江兼続所縁の長尾氏の居城坂戸城があります。が、六日町IC近くのスーパーで天然児の下着を買うことになりました(汗)せめて米を食おうやとコンビニでおにぎりを買い、景色の良さそうな丘陵地帯の水田の中に軍馬を停めて、暫しのランチタイムをとりました。向かいのお山はご当地の銘酒「八海山」の由来にもなった越後三山の八海山です。

 六日町はまた、JR上越線と北越急行線の分岐点でもあります。越後湯沢を発して金沢へ向かう特急「はくたか」は、六日町まで上越線を北上し、ここから北越急行線に乗り入れ、西方向転換して直江津方面に向かいます。実は軍馬を停めた田んぼは、北越急行線の線路近くで、六日町を出た列車が大きく西にループを描きながら丘陵を駆け上る(下る)姿を見ることができます。

Dsc05462 八海山をバックに

 荒々しい八海山の山並みを借景に田んぼの中を列車がカーブしていく姿は、何とも言えない趣があります。2両編成の普通電車なら模型のような可愛らしさが。それに対して、編成の長い特急列車だととでも優雅な姿です。折から特急「はくたか」が大きく弧を描いて丘陵を登ってきました。う~む、これは最高のおかずですよ。飯に合う♪

« 山行 旨味少ない長い尾根道 御正体山その2 | トップページ | 越後の出世人 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/57084518

この記事へのトラックバック一覧です: 素晴らしき曲線美!:

« 山行 旨味少ない長い尾根道 御正体山その2 | トップページ | 越後の出世人 »