« あんたが大将! | トップページ | 長雨の後で »

2014年8月30日 (土)

山行 曇っていても上がっておいで 鍋割山稜

 真夏の丹沢登山は暑い。強い日差しを背に受けて登る大倉尾根はかなりしんどい。日中は雲がかかってきて、午後からはにわか雨も多い。東丹沢ではヤマヒルも元気だ。曇っている山を見上げたとき、山頂での展望がないと思うと帰りたくなるかもしれない。でも、そんな時こそ登ってみよう。思わぬ発見があるだろう。

 8月中頃、小丸尾根(旧訓練所尾根)を上り詰めて、鍋割山稜のど真ん中小丸に出て、そこから一旦塔ノ岳へ。返して鍋割山へ歩いた。

Dsc05866 ここは冥界か・・・ Dsc05864 チミチミ、塔ノ岳山頂だよ

 塔ノ岳山頂は日曜日にもかかわらず空いていた。ご自慢の360度大展望は皆無。真っ白な世界であった。曇っている日ならではの静かな山上。こういう塔ノ岳もあるんだよ~

Dsc05855 鍋割山稜のブナ林

 塔ノ岳から鍋割山稜を歩く。雲に霞むブナの林は何とも幻想的だ。ここでは下界の暑さなんて微塵も感じない。雲中歩きはお肌にしっとりとミストして気持ち良い。ストレスの解消と美肌に効果あり!

Dsc05838 マッカーサー Dsc05842 木星帰りの白子 Dsc05854 誕生! Dsc05836 これも菌類かな?

 ブナ林は多くの生命を育む。ブナの山はキノコの山でもある。

Dsc05887 食前→ Dsc05892 完食!あー幸せ

 鍋割山荘で名物鍋焼きうどんを食す。真夏の鍋焼きなんて、上島竜ちゃんよろしくバラエティーの拷問かと思うが、山上の涼しさには極上のご馳走である。最近では「秘境飯」としてTVでも紹介されて休日は行列の人気らしいが、曇っている日ならではの待ち時間なし。

 そんなこんなで、曇っていてもいいことはある。

« あんたが大将! | トップページ | 長雨の後で »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/57195350

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 曇っていても上がっておいで 鍋割山稜:

« あんたが大将! | トップページ | 長雨の後で »