« 山行 宝永山よりお天気をお伝えします 富士山御殿場口その3 | トップページ | 山行 東丹沢の秘境幻の滝へ 早戸大滝 »

2014年9月16日 (火)

県民が歩く東京都民の森

 天然児、ババ、私の三世代ぶらり旅。9月早々に奥多摩方面をドライブしました。圏央道日の出ICから東京の奥座敷檜原村経由で山梨県境の三頭山にある東京都民の森にやってきました。道中の檜原街道は街路樹のサルスベリが満開のフラワーロードでした。

Dsc06497 フラワーロード檜原街道

 都民の森は、奥多摩三山(参照:http://yama-umi.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-7249.html)の最高峰、三頭山山頂付近の豊かな森林を気軽に体験できるように東京都が管理する森林公園で、体験施設や遊歩道が整備されています。三頭山には奥多摩周遊道路も通じているためマイカーのアクセスも良く、山麓の数馬地区からは無料の連絡バスも出ています。

Dsc06541 ウッドチップの道は天然児も楽々 Dsc06542 こんなモミの大木も

 この日は天気が不安定で午後からは雷雨の予報もありましたが、都民の森の駐車場は満車状態。特にライダー、チャリダーが目立っていました。勿論ハイカーも多いので、天然児はのっけからかなりの警戒をしていました。やっとこさ説得して、都民の森のメインロード大滝の路を歩き始めました。このコースは秋川源流の三頭大滝までの片道30分ほどのお手軽コースで、ウッドチップが敷き詰められた何とも贅沢な遊歩道です。

Dsc06551 ホトトギス Dsc06520 ツリフネソウ Dsc06510 これは?


Dsc06528 ソバナ Dsc06518 タマアジサイにはハナムグリが

 ブナやモミの大木を見上げたり、秋の花を楽しみながらの散歩道。これが都下かと驚くばかりです。天然児も警戒が軽快に変わって歩みを進めます。途中展望台があって、ここからは秋川を挟んで三頭山に連なる土俵岳や生藤山など笹尾根が見えていました。進むにつれて沢音が近づいてきます。

Dsc06531 三頭大滝
 やがて三頭大滝に到着しました。三頭大滝は秋川流域最大の滝で、落差は33mあるそうです。観瀑用の吊り橋からはその全容を見下ろすことができます。大滝というので轟々とした瀑布を想像していましたが、しなやかなに流れ落ちている女性的な滝だと思いました。

Dsc06559 可愛いヘイビーもいましたよ♪

 生命満ち溢れる夏が過ぎ、山が紅葉で染まる前の静かな山歩きを楽しむことができました。

« 山行 宝永山よりお天気をお伝えします 富士山御殿場口その3 | トップページ | 山行 東丹沢の秘境幻の滝へ 早戸大滝 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/57388440

この記事へのトラックバック一覧です: 県民が歩く東京都民の森:

« 山行 宝永山よりお天気をお伝えします 富士山御殿場口その3 | トップページ | 山行 東丹沢の秘境幻の滝へ 早戸大滝 »