« 山行 人恋しさに斜面登り 丹沢三峰山 | トップページ | 秋分 風邪にご注意を »

2014年9月23日 (火)

山行 秋山始まります。 大山

 天気予報が大ハズレ。秋の彼岸でもあるし、お墓参り以外は家でおとなしくしていようと油断していたのですが、夜明けの空の美しさを見上げて、慌てて一騎駆けをすることにしました。山行は必ず事前申請が必要な我が家の鉄のルールを忘れて・・・

 老馬を走らせていると朝焼けに浮かんだ富士の高嶺が余りに美しいので、表丹沢県民の森から鍋割山に登ることにしました。このルートは短時間で登れるので、朝の美しい姿が待っていてくれることでしょう♪

 しかーし、県民の森近くまでやってくると、林道に通せんぼのロープが張られています。なになになになに?11月中旬まで木材搬出のため通行止だそうです。うへ~!まあ県民の森まで車を入れてしまうと、駐車場に停められない車が路肩やゲート前にあふれてしまうため、大型車両は通れなくなってしまいますからその予防策なのでしょう。お仕事優先ですからね。 

Dsc06935 参道に咲くシュウメイギク

 仕方なく大山にやってきました。第二駐車場に楽々駐車できました。6時30分に出発。阿夫利神社の参道を上がっていくと、青空と大山の緑が眩しいくらいです。ケーブルカーは9時から。観光客もまだ来ない静かな大山。今回は初めて男坂を登ってみることにしました。

Dsc06937 男だったら力を試せ!  

 男坂は完全な石段歩き。段差が大きなところもあるので、歩き始めはかなり息が切れてしまいました。日中はまだ日差しが強く、25度を超える時季なのですが、うっそうとした照葉樹や杉の大木の下、朝の涼しい風が吹いているので快適登山です。

Dsc06944 阿夫利神社下社

  40分ほどで阿夫利神社下社の境内に。一息入れた後、表参道に入っていきます。7時も過ぎた頃なので、山頂からポツポツと下山してくるハイカーがいます。花などは特に咲いていないし、紅葉はまだまだ先ですから、時期的には空いているときだと思いますが、私に限らず空の青さが人を駆り立てることでしょう。 

Dsc06953
 富士見台からも富士山くっきり!

Dsc06960 湘南方面 Dsc06967 関八州を望む?

 山頂からは相模湾を大きく望み、西に伊豆、東に三浦、更には東京湾と完璧な展望でした。東側を望む広場で遅い朝食を。ここからは東に広がる関東平野を見下ろします。(少しガスがかかり始めていましたが)東京スカイツリーのほか、その左手後方には筑波山の姿がなーんとか見えていました。簡素な朝食も良いお天気や展望が味わいを深めてくれます。

Dsc06979 秋だね~

 復路は見晴台経由で下山。途中、頭の上にコツン!?何だと思ったらヤマボウシの実です。食べてみるとサクランボにねっとり感があるような感じ。口の中に渋みが残るのは自然の味ですね。見晴台ではススキが茂って、バックには三峰山が良く見えました。見晴台から下社への巻き道は、近年転落事故や土砂崩れが多かったのですが、危険箇所には用壁や防護ネット、足場が組まれて、安全に整備されていました。小さなお子様連れやじっちゃん、ばっちゃんもペタ靴で見晴台を目指していましたが、道が整備されたおかげですね。 

Dsc06994 大山寺から気が放たれた?

 10時過ぎに下山。いつもの豆腐を買って帰りました。帰宅後は平蜘蛛のように這いつくばり、くつろぐ家族を尻目に洗濯を干し、朝の食器を洗い、その後は風呂掃除と掃除機。これ故意に残してあったのか?ほ、ホコリが・・・ヘックショーン!あれ?花粉?(かみ)そ、そうみたい(ハウスダストでしょ!)

« 山行 人恋しさに斜面登り 丹沢三峰山 | トップページ | 秋分 風邪にご注意を »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

ぁぁ、大山登りたいなぁ・・・。
この頃ドタバタして登ってないや。
今週末でも行ってこようかしら?(企画倒れになりそうな予感)

日曜日に暴走しちゃった(デジイチ購入)ので、山が燃える時にかみさんといっしょに
登って写真撮りまくりたいと思います。

山は朝が勝負。早起きして時間を作りましょう!

山燃ゆる秋。ご夫婦の間も燃えることでしょう(笑)
一眼で沢山思い出残してください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/57462138

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 秋山始まります。 大山:

« 山行 人恋しさに斜面登り 丹沢三峰山 | トップページ | 秋分 風邪にご注意を »