« 山行 逗子の古刹神武寺 鷹取山その1 | トップページ | 山行 そこから旅順港は見下ろせるか? 鷹取山その3 »

2014年11月13日 (木)

山行 湘南妙義にリス跳ねる 鷹取山その2 

 神武寺の境内から鷹取山の山頂を目指して登っていくと、最初のうちは石が敷き詰められた上り坂であったり、岩が削られて階段状になったりしていて、割と歩きやすい道である。そのうち山頂が近づくにつれて、ゴツゴツとした岩の稜線歩きとなる。場所によっては岩稜を乗り越えたり、大きな岩場をトラバースする箇所がある。鷹取山が小粒ながらも「湘南の妙義」と例えられるだけはある。小粒ながらも楽しませてくれるコースだが、この様な場所を通過するのは天然児には到底無理である。「天然児の散歩コースとしては鷹取山は不適」早々に結論が出るもそれはそれ。今回の山行を楽しもう。

P1120615 最初のうちはこんな感じが→ P1120637 なかなか面白くなってくる

 岩稜歩きになると、所々木々の合間から湘南、横浜の名所を望むことができた。それは横浜ベイブリッジであり、ランドマークタワーであり、八景島や江ノ島も見えた。景色に見とれていると、ブーンと大きなスズメバチが徘徊している。秋のスズメバチは危険だというし、先を急ぐとしよう!無反応で刺激しないように・・・

P1120624 ベイ橋 P1120639 ランドマークタワー P1120618 江ノ島

 名所の景色も良いのだが、個人的に気に入ったのが三浦半島を南北に延びる稜線上に高圧線が延々と続いている風景である。さながら万里の長城を思わせるほど立派なものである。

P1120617 三浦の稜線上に延びる高圧線
P1120634 迫り出した岩の先端に立つと・・・ P1120635 これまた見事なものだ。

 さて、しばらく歩いているうち、樹林の中からカチッ、カチッと変な音が聞こえてくることに気付いた。鳥の鳴き声でもなさそうだ。音のする方を注意して見ると、木々の間をせわしなく行きかう小動物が認められた。

P1120633 タイワンリスである。

 タイワンリスは公園やペットとして飼われていたものが脱走して、自然の中で繁殖したものだが、我が国在来種のニホンリスよりも大型で、タイワンリスの繁殖地ではニホンリスが駆逐される傾向にあるらしい。神奈川県下では鎌倉から三浦半島にかけては爆発的に増えているらしく、特定外来種として駆除の対象となっている。相模川以西では確認されていないが、もし丹沢山地にでも入り込めば丹沢ニホンリスにとっては大打撃であろう。とはいえ、割と近くまで寄って来て顔をのぞかせるリスの姿は愛らしいものだ。人間の無責任な飼育の結果が現状に至っているのである。ブラックバスしかり、ワニガメもまたしかり。

P1120643 切り立った岩壁の山頂部

 いつまでも見ていて飽きないリスであるが、限られた時間なので先へ進む。といっているうちに切り立った岩壁が林立する鷹取山の山頂(139m)に到達した。これぞロックガーデンともいうべき風景である。東逗子駅から山頂まで、僅かに45分。(つづく)

« 山行 逗子の古刹神武寺 鷹取山その1 | トップページ | 山行 そこから旅順港は見下ろせるか? 鷹取山その3 »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山行 湘南妙義にリス跳ねる 鷹取山その2 :

« 山行 逗子の古刹神武寺 鷹取山その1 | トップページ | 山行 そこから旅順港は見下ろせるか? 鷹取山その3 »