« 山行 ここにもあった姨捨山伝説 愛鷹連峰北部その2 | トップページ | インフルエンザ警報発令中 »

2014年12月25日 (木)

山行 自己責任で鋸岳アタック 愛鷹連峰北部その3

 愛鷹連峰北部、黒岳~越前岳~呼子岳を縦走して割石峠にやってきました。割石峠はその名のとおり、石を割ったような岩峰の切通しになっています。切通しの先は南の大岳方面に通じる道ですが、現在は廃道になっているようです。逆に北に向かえば東沢の源頭部に下って山神社の登山口に戻ることができます。ここから東沢経由で下山すれば、以前越前岳に登った時のルートです。(参照:http://yama-umi.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-2797.html

Dsc08580 割石峠から見る沼津湾 Dsc08586 どなたかのお墨付きもあります。

 さて、割石峠から東に直進すると、愛鷹連峰の縦走ルートになりますが、鋸岳の岩峰は平成10年の大雨以降浸食が著しく、地元自治体より通行の自粛を求められています。今回は自己責任で鋸岳にチャレンジしてみることにしました。割石峠から登り返して蓬莱山。蓬莱山とは、その昔中国で東方の海上にある仙人の住む場所と信じられた山です。始皇帝より不老不死の薬を探すよう命じられた徐福が、蓬莱山と信じてやってきたのが日本でした。蓬莱山からは鋸岳の鋸歯がよく見えました。

Dsc08587 蓬莱山から位牌岳方面 Dsc08592 先ずは鋸歯のトラバース

 鋸岳に踏む込みます。先ずは鋸歯の西側をトラバースします。片側は須津川渓谷に深く切れ落ちています。危険個所には鎖が張られていますが、ルートが不明瞭でかなりの難路です。冬枯れの時期なので何とか判別できますが、草が生い茂る夏場は厳しいでしょう。

Dsc08599 キラリ光って急降下! 

Dsc08593 ちょっと、ちょっと! Dsc08600 そんな、そんな

 お次は急降下です。鎖やロープを頼りに下降しますが、この鎖やロープを固定する金具が浸食によって抜けていたりグラついていたりと、実に頼りないこと・・・おまけに足元の岩場は不安定で凍りついているところもあります。

Dsc08603 ゴッと噴かして急上昇~♪ Dsc08595 大人の危険なアスレチック

 急降下の次は急上昇です。鋸歯の鞍部に向かってザレた傾斜を登っていきます。この鎖も固定金具が危なっかしくて、荷重に耐えられるか確かめながら慎重に登っていきます。岩峰の上の方からパラパラと小石が転がってきますが、見上げれば物凄い大きな岩が迫り出しています。こういう場所を通過するときはヘルメットが必要だなと実感させられました。

Dsc08609 登れ!下を見るな Dsc08612 とにかく目先だけをみて

 鋸歯の鞍部から今度は東側をトラバース。やがて上昇気味になって、鋸歯のヤセ尾根に上がっていきます。片側が切れ落ちているので、常に目の前の斜面だけを見るようにしていました。一息入れて振り返ると、富士の裾野の先に丹沢が良く見えました。東沢を挟んで、先ほど歩いてきた越前岳への尾根道と向き合っていますが、鋸岳展望台から私が見えているのでしょうか?

Dsc08589 丹沢方面 Dsc08604 とにかく抜けていました。

 その後、ルートを見誤って、とんでもない斜面にかじりつきながら登ったり、命の危険を感じながらの場面もありましたが、鋸岳前半の危険個所は通過することができました。なせば成るものです。尾根上を歩いていくと位牌岳がだんだん近づいてきました。あのお山が私の位牌にならなくてよかったですよ。

Dsc08624 まだあるんかい!

 大沢方面への分岐点を過ぎて、あとは位牌岳への上り返しと思いきや、まだまだありました。ほとんど足場のない切れ落ちた山腹のトラバース。例のごとく鎖は不安定。勘弁してくれ!横ばいの次は縦ばいの上昇が待っています。まるで剱岳のようです。

Dsc08631 何とか位牌岳へ到達

 難所を過ぎてしばらく上っていくと、愛鷹連峰第2のピーク位牌岳(1458m)に到達しました。山頂では高年の紳士がお昼をとっていました。聞けばこのお方、愛鷹連峰の登山道保全に尽力していただいている有志で、この日も裾野市の須山方面からのルートの枝払いをして登ってこられたそうです。登山経験も実に豊富で、位牌岳から前岳までの下りをご一緒させていただきましたが、体験談を聞きながら楽しいひと時になりました。

 前岳で須山方面へ下山する紳士と分かれて、東沢方面への下山路をとりました。これまたとんでもない急降下で、驚くほど速く東沢の林道に下ってきました。後は荒れた林道を歩いて山神社の登山口へ戻ります。

★コースタイム:6時間20分

山神社7:50→8:20富士見峠→8:35黒岳→8:50富士見峠→9:10鋸岳展望台→9:40富士見台→9:55越前岳

越前岳10:00→10:35呼子岳→10:45割石峠→10:55蓬莱山→12:25位牌岳12:35→13:05前岳→13:45東沢

→14:10山神社

☆ルート地図(国土地理院)

261214

« 山行 ここにもあった姨捨山伝説 愛鷹連峰北部その2 | トップページ | インフルエンザ警報発令中 »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山行 自己責任で鋸岳アタック 愛鷹連峰北部その3:

« 山行 ここにもあった姨捨山伝説 愛鷹連峰北部その2 | トップページ | インフルエンザ警報発令中 »