« 山行 サラリーマンハイカーの道 大山ネクタイ尾根 | トップページ | 夜富士 »

2014年12月 3日 (水)

山行 不動尻でお茶を 大山北麓

 ネクタイ尾根から唐沢峠に登り返す。二ノ足林道の終点不動尻への分岐点には厚木市の方が誘導に立っていた。県央部最大の観光スポット大山。登山ブーム、パワスポブームの波に乗って押し寄せるハイカーの動線は、ほとんどが伊勢原駅とのピストンだが、山頂部を共有している厚木市としても指をくわえて見ている手はない。厚木市振興のためこうしたイベントを企画して努力されているのだ。

Dsc08160 今季最後の紅葉になるだろう Dsc08178

 唐沢峠から不動尻へ下りていくにつれて紅葉が美しい。日も高くなって色彩が鮮やかである。不動尻の近くには数が少ないもののカラマツの大木があって、細かい葉が落葉して雪が降っているようだった。

Dsc08184 不動尻のカラマツ Dsc08196 流れ清らかな不動尻

 不動尻は大山の北東に位置する谷太郎川の源流部で、昔は県立のキャンプ場があった場所だ。早春にはミツマタの花、夏は涼しげな渓流、秋の紅葉など四季を通じてウォーキングを楽しめる場所。嫌よ嫌よの天然児とも何度も歩いた。ツキノワグマにも遭遇したこともあった。山の動物と人の共存する場所なのである。夏はヤマヒルだっている(笑)

Dsc08187 不動尻カフェ

 不動尻のキャンプ場跡地にテントが張られていた。何人かのハイカーやランナーが立ち寄って談笑している。これも厚木市のイベントの一環「不動尻カフェ」である。立ち寄るとドリップコーヒーやお菓子でもてなしをしてくれた。山中の温かい飲み物は何とも贅沢だ。沢のせせらぎを聞き、紅葉の山を見上げ、火を囲む。数年来途絶えているキャンプが恋しくなった。

Dsc08202 二ノ足林道からの紅葉 Dsc08204

 今回の山行のラストは、二ノ足林道歩きである。ちょうど大山を目指して歩いた弁天尾根と並行している林道であるが、谷太郎川対岸の三峰山の紅葉は見上げてみても素晴らしい彩りであった。これで終わりとしたいところだが、二ノ足林道といえば・・・

Dsc08206 山ノ神隧道

 このトンネルをくぐらねばならなかった。ギャ~~~!

コースタイム:5時間

二ノ足林道ゲート6:55→7:40見晴広場→8:20大沢分岐→8:55縦走路出合→9:40大山山頂9:50→10:00ネクタイ尾根分岐

→10:50唐沢峠→11:20不動尻11:30→11:55二ノ足林道ゲート

« 山行 サラリーマンハイカーの道 大山ネクタイ尾根 | トップページ | 夜富士 »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

.>「山の神隧道」
こ、このトンネルは…。(滝汗)

あれ以来怖くて行ってないよ・・・。

私は10回以上行っています。
残念ながら?あれ以来怖い体験をしていません(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山行 不動尻でお茶を 大山北麓:

« 山行 サラリーマンハイカーの道 大山ネクタイ尾根 | トップページ | 夜富士 »