« 最後は居候たちに慰められる | トップページ | 羊じゃないよ »

2015年1月 7日 (水)

山行 初日の出登山 塔ノ岳

 年が明けて1週間が経ちました。ネタがないので、元旦の初日の出暴走ならぬ初日の出登山の詳細です。

 1月1日(木)、平成27年のご来光は身近で丹沢随一の眺望である塔ノ岳にしました。午前4時に秦野市大倉の登山口にやってくると、駐車場は満車表示。路上駐車もちらほら見受けられました。「1年の計は元旦にあり」年明け早々アウトローなことはできないので、どうしようかと思っていたところ、風の大橋の反対側にある諏訪丸駐車場がもしかしたら解放されているのでは?という勝手な期待をして行ってみれば、これがまんまと開放されていました。

Dsc08876 人気のない大倉

 ありがたやありがたや。ガラガラの諏訪の原駐車場に車を入れると、早々に出発しました。日の出が6時50分頃なので、塔ノ岳山頂まで早くて2時間半とすればギリギリのところです。風の大橋というだけあって、橋を渡っていると驚くほど風が吹き付けてきました。山頂大丈夫かな?夜行登山ということも相まってかなり不安になりました。

 大倉周辺は民家もあって街路灯がありますが、登山道に入ると真っ暗闇です。ヘッデンを頼りに進んでいくと、気がつけば前方から後方からチラホラヘッデンの明かりが見えています。大倉尾根の上の方でもチラチラしていますし、かなりのご来光登山者がいるようです。勝手知ったる大倉尾根なので、暗くてもルートが予測できることもあり、すぐに不安は消えてひたすら登りに専念していました。

Dsc08890 東の空が明けてきました。

 見晴茶屋、駒止茶屋、堀山の家、花立山荘と山小屋を通過して行きます。どの小屋も初日の出を待ちわびる人たちの話声が聞こえていました。堀山辺りの尾根道から何気なく斜面の暗闇を覗いてみると、光る目がいくつか並んでいます。どうやらシカの群れが潜んでいるようです。「今日は夜中なのに賑やかだなぁ」なんて思っているのでしょうか。

Dsc08894 鍋割山稜からのぞく富士

 大倉尾根のクライマックス、花立下の急階段辺りからは路面が凍りついています。東の空が薄っすら明るくなってきましたが、大晦日の深夜に降った雨のせいか、東の空には雲が残っていました。東の空の明るさを受けて、西に位置する鍋割山稜の向こうに富士山が浮かび上がっていました。日の出前の赤富士もご来光と共に楽しみです。

Dsc08896 山頂間近な花立 Dsc08898 ガチガチやでー

 花立より上は雪が凍りついてガチンガチンの路面です。花立辺りまで来ると、多くの先行者に追いついていつの間にか団体登山の一員になっていました。6時50分、日の出時間ドンピシャリで塔ノ岳山頂に到着しました。ご来光待ちは30人くらいかと予想していましたが、その10倍くらいいたようです。皆さん寒さを耐え忍びながら東の空を見つめています。やはり雲が残っていて日の出は遅れていました。

Dsc08901 ややや! Dsc08902 ワンコもご苦労さんです。

 皆さん東の空ばかり見ていないで西の富士山をご覧なさい。日の出に先駆けて山頂から裾野へと徐々に赤く染まっていきます。富士山のお次は奥秩父、大菩薩連嶺、そして丹沢主脈と塔ノ岳よりも高い順に日に染まって、7時も過ぎた頃にようやくご来光となりました。

Dsc08919 富士山が染まり始めました。 Dsc08916

 大山の先に湘南の海岸線を見下ろしますが、その上空には厚く雲が垂れ込めています。下界では初日の出は難しいかもしれません。地平線ではなく雲の上からのご来光となりましたが、やはり初日の出ですから少なからず感動します。一斉に感嘆の声が上がりました。

Dsc08930 蛭ヶ岳の左手に大菩薩連嶺、更に奥秩父の山々

Dsc08934 おめでとうございます!

 さて、ご来光さえ拝んだら、あとは家に帰って暖かいお雑煮でも食べてゆっくり寝よう。誰もがそう思ったことでしょう。先を争うように皆さん一斉に下山開始。路面が凍結しているにもかかわらず、いつも以上にペースが速かったようです。

Dsc08947 見晴茶屋でお餅の振る舞い Dsc08952 大倉のロウバイ

 登山口では一足早く満開となっていたロウバイとクリステルの出迎えを受けました。

Dsc08949 お帰りなさいheart

★コースタイム:4時間45分

諏訪丸P4:20→5:45堀山の家→6:20花立山荘→6:50塔ノ岳7:15→7:55堀山の家→9:05諏訪丸P

« 最後は居候たちに慰められる | トップページ | 羊じゃないよ »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/58509864

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 初日の出登山 塔ノ岳:

« 最後は居候たちに慰められる | トップページ | 羊じゃないよ »