« 湯島天神さんの梅 | トップページ | 菜の花まだまだ見れます。 »

2015年2月13日 (金)

枯れ蓮の除去で始まる不忍池の1年

 お昼休みの散歩コース上野不忍池。春は水面に映る桜並木、夏は水面を覆う蓮の葉花、秋は桜やメタセコイアの紅葉、そして冬は・・・

150202_123057 ありゃりゃ~ 140722_123118 夏の頃

 夏には水面を覆い尽くして、美しい大輪の花を咲かせていたいた蓮が冬枯れした光景は見るも無残なものです。不忍池の水底はヘドロが堆積していて、真夏は悪臭を発するほど水質は悪いのですが、逆に蓮にとってはヘドロが絶好の温床となっているようです。

150212_122951 作戦始動!

 しかし、これだけ群生している蓮が毎年冬枯れして水底に堆積したら、不忍池はそのうちなくなってしまうでしょう。そこで、毎年冬場に枯れた蓮の除去が行われます。但し、蓮は不忍池の大切な夏の風物詩です。除去されるのは茎より上で、根っこの部分を残しておけば、今年の夏も青々とした蓮の葉が水面を覆うことでしょう。

P1110859 そして春・・・

 毎年の恒例行事とはいえ、厳冬期の水辺の作業は苦労が偲ばれます。名所の管理も手間とお金がかかるものですね。除去作業は始まったばかりですが、一面の枯蓮が撤去されると桜並木が水面に映る春が訪れます。

« 湯島天神さんの梅 | トップページ | 菜の花まだまだ見れます。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/58915157

この記事へのトラックバック一覧です: 枯れ蓮の除去で始まる不忍池の1年:

« 湯島天神さんの梅 | トップページ | 菜の花まだまだ見れます。 »