« 山行 植林帯を黙々と 西丹沢低山縦走その2 | トップページ | 海猫は眠らない »

2015年2月 2日 (月)

山行 獣になって家畜の山へ 西丹沢低山縦走その3

 日影山をスルーして更に西に延びる尾根を歩きます。樹林帯と尾根上には笹薮がひどく、進むにつれて深くなっていきます。ついには笹の背丈は人の頭より高くなってしまいました。踏み跡もかなり不明瞭なので、キョロちゃんになって藪を分け入っていきます。たまに笹が目に入って痛てー痛てー(涙)また、藪の深い場所は、夏場はダニに要注意ですね。

Dsc09679 丹沢湖と西丹沢の山々 

Dsc09681 ひぇ~溺れる! Dsc09682 潜っちゃいました。

 藪が深い分、尾根は平行移動なので助かります。足元にはシカやカモシカの糞が沢山落ちていて、特にシカのものは色艶良く新鮮なもののようです。バッタリであってみたいものです。藪のトンネルを進むと、なんだか獣道を歩く獣の気分になってきました。ウサギウサギ斥候だ、シカシカ追いかけろ、リスリス伝令だ、クマクマ待ち受け組討ちだ~♪童心に帰って鼻歌もこぼれます。

 少し登って竹藪の広いピークにやってきました。踏み跡が四方八方に迷路のようになっていて迷います。地図で確認すると小毛坊沢ノ頭というピークのようです。一部藪が空いている場所があって、丹沢湖の青い湖面が見えています。ちょっと覗いてやろうと藪をかき分けると・・・

Dsc09688 この草の向こうは崖

 ワーィ!大規模崩落地でした。丹沢湖畔まで一気に崩れ落ちていました(汗)ここは要注意ですよ!

Dsc09684 高松山と西ヶ尾が見えました。 Dsc09696 重機が道を塞ぎます。

 何とか下り道を確認して、急な道を下っていくと丹沢湖畔方面と大野山方面への分岐点に到達しました。ここからは南へ転進して大野山を目指します。樹林帯の中を軽くアップダウンしていくと整備中の林道に出ました。この先、大野山までは林道歩きになります。この林道も2、3年前歩いたときよりも随分山深くまで延びたようです。

Dsc09701 イヌクビリ付近(左奥が高松山)

 しばらく、退屈な林道歩きをして、大野山の肩であるイヌクビリに出ました。イヌクビリという地名は、その昔、山犬(ニホンオオカミ)が生息していた頃、罠を仕掛けて山犬を縊り殺したことに由来しているようです。昔は丹沢にも山犬が出没して、人々を恐れさせたことでしょう。

Dsc09704 大野山山頂から北の展望 Dsc09706 自慢の富士山はこのとおり

 大野山(723m)の山頂周辺は県の乳牛育成牧場になっていますので、山上に牧場が広がって気持ちの良い場所です。でも、真冬のこの時期は牧場は閉鎖されていて、牛たちは下界に下りています。イヌクビリまではマイカーが上がってきますので、ハイカーだけでなく、富士山の写真撮影に訪れる人も多いのですが、さっきまで鮮やかな青空に引き立っていた白い富士山は、いつの間にか雲隠れしていました。でも、風もなく比較的暖かい陽気だったので、山頂では多くの人がお弁当を広げていました。

Dsc09712 眼下の集落まで駆け下れ!

 さて、ここまで来て気になるのが帰りの電車の時間。大野山山頂から麓の御殿場線谷峨駅までの下りは、地図上のコースタイムは70分です。時刻は13時をとっくに回っていましたが、次の電車は・・・14時3分!本数の少ない御殿場線ですので、ここはひとつ力試しです。呆れたおっさんの鵯越がスタートです。大野姉さん、どうか止めねえでくだせえまし。帰りが遅くなればなるほど、かみの態度が硬化していくので、あっしとしては当然の選択なのでござんす(涙)

Dsc09711 頑張れ~ Dsc09713 走れ~

 牧場を一気に下って、雑木林に入り、林道を跨いで、段々畑の中を湯触集落に出ました。ここからは東名高速の巨大な橋脚を見上げながら、道路をジグザグ下っていきます。

Dsc09716 対岸に谷峨駅

 酒匂川の畔まで下りてくると、対岸の谷峨駅は目の前です。が、手の届きそうな駅まで行くには、橋を渡って、田んぼ道を歩いて、R246の跨道橋を渡って行くのでかなりの遠回りです。先を見れば田んぼの道を先行者が駅に向かって走っているのが見えました。来る!

Dsc09717 キターーーーーーッ!
 酒匂川の清流には目もくれず、橋を渡って、田んぼを抜けて・・・跨道橋を渡れば・・・ガタンゴトン、ガタンゴトン・・・あ、あ、あ~!

Dsc09719 谷峨駅 Dsc09722 Oh!No!山

 ああ無情。跨道橋上から御殿場線を見送ることになりました。ホームで炭酸をがぶ飲みしていると、下りで抜いてきた人たちが次々と駅に到着して、ちょっと小恥ずかしい思いをしてしまいました。

★コースタイム:6時間40分

東山北駅7:30→7:50高松山登山口→8:10農道終点→8:50ビリ堂→9:10高松山9:20→9:35花じょろ道交差点

→10:40秦野峠10:50→11:25ブッツェ峠→11:45日影山→12:20三叉路→13:20大野山→14:10谷峨駅

Photo

« 山行 植林帯を黙々と 西丹沢低山縦走その2 | トップページ | 海猫は眠らない »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山行 獣になって家畜の山へ 西丹沢低山縦走その3:

« 山行 植林帯を黙々と 西丹沢低山縦走その2 | トップページ | 海猫は眠らない »