« ソメイヨシノに先立って | トップページ | ソメイヨシノ開花始まる »

2015年3月19日 (木)

山行 シンドローム逃避行 高麗山・湘南平

 年度末。仕事が忙しくなるこの時期は、日曜日の午後がかなり憂鬱である。私の場合、家でのんびりしているとそのうち悶々としてくるので、ホームセンターのペットコーナーで愛らしい動物を眺めたり、海岸や田園ぶらついて気を紛らわせている。

 朝が遅い我が家の休日は、1日のスケジュールが全て後ろ倒しになって、昼食を食べ終わると14時近くになっている。温かい西風が吹き込んだ陽気に誘われて、腹ごなしも兼ねて大磯駅裏の低山を歩いた。先ずは高麗山を目指す。

Dsc00288 高来神社

 大磯駅から旧東海道を平塚方面に歩き、町の東端に位置する高来神社に向かう。高来とも高麗ともいい、その昔、朝鮮の高句麗王朝からの渡来人がこの一帯に住んだことに由来しているそうだ。その後、奈良時代にハイパーテクノクラート行基によって高麗寺が建立されると、高麗山の山域は伽藍や僧房が並び大いに繁栄したという。その後、室町の戦乱で寺社は衰退する一方で、相模平野に突出した地形は城塞に利用された。戦国期には小田原征伐に遠征した上杉謙信が本陣を置いたという。江戸時代は東照大権現(=家康)を祀り、参勤交代の大名が立ち寄って参拝したほどの寺勢を取り戻したが、明治当初の廃仏毀釈にはそれが仇となって高麗寺は破壊されたそうだ。

Dsc00293 さ~あ行こう~夢に見た島へと♪

 高来神社の裏から高麗山への登山道が伸びている。直ぐに男坂、女坂の分岐となるが、男だったら力を試せ!男坂に進む。高麗山は丹沢かた伸びた大磯渋沢丘陵の東端に位置し、歌川広重の東海道五十三次の平塚宿にもこんもりとした独特の山容が描かれている。また、相模湾沿岸の温暖な気候が常緑広葉樹の森林を形成して県の森林公園にも指定されている。その豊かな森に多くの野鳥が飛来する。

Dsc00285 コゲラ Dsc00295 山鳩

 男坂は一部岩が露出するような険しい道のりである。春季の例大祭にはこの険しい道を神輿が登っていく。ちなみにこの時下町では植木市が立つ。何だかんだといいながら高麗山の山頂(168m)はあっという間である。小広い山頂には、昭和55年まで高来神社の上社が置かれていたが、今は柱の土台が残るばかりだ。

Dsc00297 高来神社上社跡 Dsc00298 高麗山城砦の遺構

 高麗山から尾根伝いに俵表山、浅間山を経て湘南平を目指す。高麗山から俵表山周辺は高麗山城砦の遺構が色濃く残されている。ここに両杉が争い、北条早雲が籠り、上杉謙信が座したかと思うと感慨深い。

Dsc00301 ヤブツバキ Dsc00318 寒桜 Dsc00322 春の伝令

 湘南平への縦走路は豊かな照葉樹なだけに展望は開けないが、スイセン、ツバキ、寒桜などの花々が歓迎してくれた。住宅街の裏山だけに散歩をする人あり、家族連れのピクニックあり、トレイルランナーあり。多くの人が思い思いに山を楽しんでいる。自分は春の伝令ともいうべき路傍のスミレが大好きだ。

Dsc00316 湘南デーラ

 湘南平(181m)は台地上に開けた場所で電波塔が目印である。戦中はこの場所に高射砲陣地が置かれB29を迎撃した。若かりし頃、モデラーだった私は、平塚の小さな模型屋に入り浸っていたが、そこの年老いた店主が湘南平の高射砲の話をよくしてくれた。砲の威力不足で1万mの高空を飛ぶB29には効果がなかったようだ。「くっぞー届かんかー!」思いは熊本城攻めの村田新八であったろう。

Dsc00309 空にそびえる赤金の塔

 ミニ東京タワーのような電波塔。若人はこの塔に南京錠をかけて永遠の愛を誓うらしいが、数年に一度、メンテが入ってこの錠をバールで切断してしまうらしい。そしたらどうなる・・・いいか、これはひがみではないぞ。

 駅から1、2時間のお手軽散策であるが、盛りだくさんで日曜アフタヌーンシンドロームの解消にはもってこいのコースなのだ。帰宅すりゃ~疲れて寝ちまえ!落ちる彼方に神の罵声が聞こえたような・・・

★コースタイム:1時間40分

大磯駅14:50→15:15高来神社→15:30高麗山→15:55湘南平16:10→16:30大磯駅

« ソメイヨシノに先立って | トップページ | ソメイヨシノ開花始まる »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/59281527

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 シンドローム逃避行 高麗山・湘南平:

« ソメイヨシノに先立って | トップページ | ソメイヨシノ開花始まる »