« 渋田川の芝桜 | トップページ | 天然児 玉手箱をあける »

2015年4月26日 (日)

朝飯前にちょっと1千米

 夜明けが早くなると体が自然と早起きになってきます(休日限定)お茶!飯!と言いたいところですが、「春眠暁を覚えず」の家族の起床時間までは3時間待たねばならないこともあります。そんなときは朝飯前に身近な山に登って一汗かいてきます。母ちゃん達には内緒だぞ~♪

Dsc00956 新緑色のヤビツ峠 Dsc00991 笠を頂いた富士山

 5時にお目目パッチリ!寝起きは抜群。10分後には軍馬をかっ飛ばしています。コンビニであんまんとお茶買ってお腹を黙らせ、県道70号のワインディングを右へ左へ・・・ヤビツ峠周辺は休日はチャリダーで溢れていますが、早朝は1台も走っていません。チャリはバイクと違って音もなく来るから怖いですよ。菜の花台からは富士山が見えていましたが、二重笠雲を頂いているので天気は下降でしょう。

Dsc00954 大和魂です!

 さあ!ヤビツ峠を6時に出発です。イタツミ尾根を歩いて大山を目指します。このルートか足柄峠から金時山が早朝歩きの定番です。歩き始めてしばらくはマメザクラが目を楽しませてくれました。本居宣長の「朝日に匂う山桜花」ですね。ハナバチが朝っぱらからセッセカと蜜を集めていました。働き者だなぁ。標高が上がるとまだ冬枯れの様相ですが、足元にはスミレの花が咲いて春の到来を告げています。

Dsc00972 表尾根方面の眺望

 イタツミ尾根は、標高760mのヤビツ峠から1252mの大山山頂まで真っすぐ登っていく直登ルートなので、上りでも1時間もかかりません。この日は時折日が差す薄曇りの天気でしたが、山頂からは丹沢の山並みや富士山を眺めることができました。霞む湘南の海岸線を見下ろすと二宮の吾妻山が見えました。1千メートル下で眠る我が家とおはようライナーのオヤジ。家族なんてそんなもんさ~ラララ♪

Dsc00979 チッ、もう登ってきたか

 山頂西面にシカの小隊がウロウロしていましたが、人の顔を見るなり大パニックになって、鹿柴に体当りしてひっくり返る慌てものも。オイオイ、とって食うわけでなし、そんなに嫌わなくてもよいだろうに(汗)山の家族にも見放されたようです。

 寂しくなってイタツミ尾根を駆け下って帰りました。ヤビツ峠まで上がってくるバスが5台編成。どのバスもハイカーで満員状態です。いよいよ丹沢の春山シーズン到来ですね。

« 渋田川の芝桜 | トップページ | 天然児 玉手箱をあける »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/59760491

この記事へのトラックバック一覧です: 朝飯前にちょっと1千米:

« 渋田川の芝桜 | トップページ | 天然児 玉手箱をあける »