« 朝飯前にちょっと1千米 | トップページ | 煮魚にならなかった金魚 »

2015年4月27日 (月)

天然児 玉手箱をあける

 緑まぶしい水郷・田名にある相模川ふれあい科学館で開催中の、リニューアルオープン1周年記念の特別展「金魚・玉手箱」を観に行きました。科学館は神奈川県の中央を南北に流れる大河相模川の豊かな自然と生体を紹介する水族館です。

Dsc01029 1周年おめでとうございます。 Dsc01032 涼しくて可愛い金魚

 特別展「金魚・玉手箱」の会場は、東錦、丹頂、獅子頭など色鮮やかな珍しい金魚が展示されていますが、展示の演出も金魚の魅力を引き立たせる工夫がなされていましたよ。さすがえのすいの運営会社だけのことはあります。

Dsc01038 東錦かな?

Dsc01061 ネコガシラという珍種だそうで

Dsc01036 何やら祀られているらしい・・・ Dsc01035 出た!ジャンボオランダ

 さて、水族館といえば、天然児の野望全国版です。ワクワクさんで館内に突入して、お得意のファシスト式敬礼(イルカのジャンプサインらしい)を振りかざしてイルカを探していました。残念ながら相模川にイルカはいません。カワイルカでもいてくれれば良いのですが・・・

Dsc01044 いるか? Dsc01043 オレだい
 今日は今年初の夏日になりました。金魚鑑賞は江戸時代から続く夏の風物詩。皆さんも涼感たっぷりの玉手箱を開けに訪れてみてはいかがでしょうか?

« 朝飯前にちょっと1千米 | トップページ | 煮魚にならなかった金魚 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/59796473

この記事へのトラックバック一覧です: 天然児 玉手箱をあける:

« 朝飯前にちょっと1千米 | トップページ | 煮魚にならなかった金魚 »