« 山行 空に浮かんだ芙蓉峰 大山南稜尾根その3 | トップページ | 山行 朝霧に溶けるピンク色 西丹沢大室山 »

2015年5月23日 (土)

山行 檜洞に背を向けて 西丹沢白石沢

 丹沢のヤマツツジが見頃を迎えています。目が覚めるような濃いピンクのトウゴクミツバツツジと、正反対に白く清楚なシロヤシオです。これらの種は標高1千メートル以上の高所に自生しているため、誰もが見れるというわけではありません。丹沢主稜線の中でも特にツツジの山として名高いのが西丹沢の檜洞丸です。ツツジの咲く今の時期は、多くのハイカーが山頂を目指します。

Dsc04046 檜洞丸のヤマツツジ(H26.5.25)

 5月17日(日)早朝、西丹沢にやってきました。普段は早朝から走る車は少ないのですが、複数台の車が軍馬の前後に縦列しています。中川温泉の集落を抜けていくと、道端で草を刈っている人が・・・あれ?人かと思ったら大きな角のシカが新芽を食べに来ていたのでした。中川の人は朝窓を開けたらこんなシカがいたりするんですね。野生動物と人の共存圏であります。

Dsc01469 既に路肩駐車も

 西丹沢の登山口である西丹沢自然教室。5時をまわったばかりというのに、県道に面した空き地には30台ほどの車が駐車していました。そうこうしているうちにも、次々と車が上がってきます。「こりゃ檜洞はかなりの人手になるな・・・」と、思ったときには、既に登る先は檜洞でなくなっていました。人の多い山はどうも苦手な山笑です。

Dsc01472 これはこれできれいなものです。

 5時半に出発して中川川に沿って県道を歩いていきます。同じ方向に複数のグループが歩き出していましたが、まもなく皆さん檜洞丸ツツジ新道の登山口へ入っていきました。私はしばらく道路を歩いていきます。川沿いのキャンプ場周辺には、赤白のツツジがきれいに咲いていましたが、これはお目当てのヤマツツジではありません。川原のサイトにはテントがポツポツ張られていましたが、まだ静まり返って炊飯の煙も立っていません。

Dsc01480 ヤマツツジ Dsc01473 ウツギ

Dsc01481 ヤマフジ Dsc01479 ヤマアジサイ

 犬越路方面に分岐する用木沢出合を過ぎて、白石林道を終点まで詰めていきます。周辺の山林には、オレンジ色のヤマツツジ、ヤマフジ、ウツギやヤマアジサイなどの花々が咲いていて楽しませてくれました。林道終点から更に白石沢に沿って歩いていきます。比較的歩き易い道と感じたのは、この道が甲相国境尾根上の白石峠を越えて、道志方面に通ずる昔の生活道だったからでしょう。

Dsc01494 白石の滝はイマイチ Dsc01495_2 大理石見本品

 やがてルートが左手に折れて張り出した尾根を越えると、登山道の脇に白石の滝の看板が設置されていました。左手下に見えるようですが、葉が生い茂ってわずかに見える程度でした。説明によれば、白石沢の名は川床が大理石であることに由来しているそうで、この滝も別名「大理石の滝」とも呼ばれているそうです。こんな山奥で大理石を採掘していたそうですが、今は県の天然記念物のため、石を採取することは厳禁です。

Dsc01496 湧水地 Dsc01497 大地の恵み Dsc01502 沢を歩く

 白石の滝の先は白石沢の源流部です。モミの大木の下にベンチが設置されていましたが、ここは湧水地で、石の間から湧水が流れ出ていました。湧水をペットボトルに補給していくことにします。水が消えるとルートは沢の中になります。確かに沢の中に見られる石は白くて変わっています。やがてルートは沢から斜面に上がって、稜線に向かってジグザグとした道を進んでいくと、甲相国境尾根の縦走路に出合う白石峠(1307m)に到達しました。ここから道志方面へ延びていた道は今では廃道になっています。

Dsc01508 最初のツツジ

 稜線には雲が垂れこめていて、直前まで雨が降っていたようです。休憩しておにぎりとお菓子を食べていると、トウゴクミツバツツジが咲いているのに気づきました。白く霞んだ中に濃いピンクが溶け込んで実に趣があります。

 白石峠から左手が畦ヶ丸方面。右手が大室山方面です。気まぐれでここまで来てしまったので、どちらでもいいのですが、大室山は久しぶりなので、右手に進むことにしました。(つづく)

« 山行 空に浮かんだ芙蓉峰 大山南稜尾根その3 | トップページ | 山行 朝霧に溶けるピンク色 西丹沢大室山 »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/60049901

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 檜洞に背を向けて 西丹沢白石沢:

« 山行 空に浮かんだ芙蓉峰 大山南稜尾根その3 | トップページ | 山行 朝霧に溶けるピンク色 西丹沢大室山 »