« チャリ転がして七国峠越え | トップページ | 雨上がりのお散歩 »

2015年6月 6日 (土)

スズランと山の仲間たち

 5月30、31日の両日、山梨県笛吹市芦川地区で「すずらんの里祭り」が開催されました。御坂山塊に囲まれた芦川の源流には、東日本一といわれるスズランの群生地があります。その数260万株!ババ退院後、久しぶりの三世代ドライブで行ってきました。

 30日はピーカンで気温が上昇。御殿場も河口湖辺りもかなり暑く、夏でも涼しい上芦川の集落でも気温は25℃を超えていました。河口湖周辺ではミンミンゼミがポツポツ鳴いていて、芦川ではエゾハルゼミが初夏の山を賑わしていました。水ヶ沢林道を走っていると色々な蝶が舞っていて、思わず軍馬のスピードを緩めます。捕虫網を持った人を何人か見かけたので、珍しい種もいるんでしょうね。でも、乱獲禁止ですよ!

Dsc01659 シラカバ林だけでも気持ち良い♪

 スズランの群生地は、東西に長い御坂の稜線が近い標高1300mほどのシラカバ林の中にあります。群生地の上にある砂利の駐車場がイベント会場になっていて、地場産の野菜や軽食を売る模擬店が並んでいました。観光バスも何台か出入りして大変な賑いです。しかし、バスツアーの会社も花見大好き中高年の心をとらえて離しませんね。東で桜が咲けばバスが押し寄せ、西でツツジが咲けばバスが押し寄せ、遂にはこんな山深い場所にまで大型バスが押し寄せる時代です。お金が落ちれば良いのですが、山の植物や動物にとってはとても良いとは思えません。

 この活気ある会場に天然児も釣られて出てきましたよ。焼きそば2人前をペロリ~ン平らげて、さあスズランを見に行こうと思ったら、ひっくり返って大騒ぎ。仕方なく軍馬の中でDVD鑑賞させることに。中学生になった天然児。体も大きくなって、我も強くなって、手に負えなくなってきました。困ったものです。

 さて、気を取り直してシラカバ林の中にあるスズランの群生地を歩きます。あれ?スズランはどこでしょうか?キョロキョロ見回すと、あ、ありました。ありました。花がとっても小粒。話によれば、今年は春先の気温が例年よりも高かったので、スズランが急に成長したので、花を付ける余力がなかったそうです。人の手で育てられた植物と違って、山奥でひっそりと咲く花々は気候の影響が大きいんですね。でも、遊歩道を歩いていくと、あっちにチラリ、こっちにチラリ・・・可愛いサイズのスズランの花が楽しめました。

Dsc01660 今年はプチサイズ

 スズランが控えめな分、今年の森は他の花々が存在感を示していました。色別でご紹介しましょう。

 まずは白いお花

Dsc01662 スズランのライバルギンラン Dsc01665 シロバナヘビイチゴ  Dsc01666 マイヅルソウ

Dsc01668 みかんの花に似たその名もクサタチバナ Dsc01673 白いウツギ

 お次は赤いお花

Dsc01671 赤いウツギはケウツギ Dsc01672 おなじみヤマツツジ Dsc01670 クサボケ

 黄色は・・・

Dsc01655 (サモハン)キンポウゲ Dsc01679 ヤマオダマキ

 青もあるよ。

Dsc01658 イカリソウ Dsc01654 グンナイフウロ(郡内は山梨東部富士五湖地域のこと)

 番外編

Dsc01676 猫まっしぐら!マタタビです。

« チャリ転がして七国峠越え | トップページ | 雨上がりのお散歩 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/60242074

この記事へのトラックバック一覧です: スズランと山の仲間たち:

« チャリ転がして七国峠越え | トップページ | 雨上がりのお散歩 »