« 灼熱の甲府盆地で溢れる果汁を楽しむ | トップページ | 夏の夜の珍客 »

2015年7月31日 (金)

天然児の夏は淡島から

 子供たちは夏休み真っ盛り。我が家の天然児も例外ではありません。大好きな水族館に連れて行ってあげたいのですが、本人の我が強くなってくる一方で体力的にコントロールが難しくなって周囲に迷惑をかけてしまうこともしばしば。そんなことでなかなか実行に移せません。

 それでも人の少ない場所や時間帯を選んで遊びに行くように努力しています。人との触れ合いが大好きな子なので、少し前まではできるだけ多くの人とふれあいを持たせて豊かな感性を養ってもらいたいと思っていたのが、今では人との接触を避けるようにして行動しているのですから悲しいものです。

Dsc02874 昔はゴンドラで渡っていましたが・・・ Dsc02947 今では渡し船です。

 沼津湾に浮かぶ淡島にある淡島マリンパークは、比較的空いているので天然児御用達の水族館のひとつです。小さな水族館でイルカやアシカなどの海獣ショーも他の水族館ほど華やかなものではありませんが、水槽あり、タッチプールあり、ペンギンありと、とりあえず一通りそろっているので本人は納得してくれますし、親としても行動範囲が限られていて助かります。

Dsc02944 天然様の貸切状態!? Dsc02895 涼感たっぷりペンギンプール

 さて、イルカ、アシカショーもあっという間に見終わってしまいましたので、2巡目に突入かと思いきや、この日は大水槽の前でしばらくお魚を眺めていました。いつもは魚類に全く興味を示さないのですが、珍しいこともあるものです。

Dsc02922 ホンソメワケベラにお掃除してもらうコブダイ

 この水槽はご当地沼津湾の海の中が展示されていますが、アジやイサギ、カラフルな小魚たちの中で異彩を放つ大型魚が1尾泳いでいます。体長1mほどの大型魚は、突出した額と大きな口が特徴のコブダイ(カンダイ)です。タイという名がついていますが、ベラの仲間で大きな口で貝類や甲殻類を殻ごと砕いて食べてしまいます。悠々と泳ぐ巨体と人面魚の様な特徴ある顔、人懐っこい習性からダイバーにも人気の魚です。

Dsc02912_2 おっさん。ナニ見とるん? Dsc02935 テンション高いガキじゃな。

 海獣ショーだけでなく、魚類にも興味を持ってくれたことは大変嬉しいことです。このコブダイの個性が天然児を惹きつけたことでしょう。

« 灼熱の甲府盆地で溢れる果汁を楽しむ | トップページ | 夏の夜の珍客 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/60978469

この記事へのトラックバック一覧です: 天然児の夏は淡島から:

« 灼熱の甲府盆地で溢れる果汁を楽しむ | トップページ | 夏の夜の珍客 »