« 好きな(だった?)あの人とサイクリングデート IN 川越 | トップページ | ジンメンカメムシ IN 野菜サラダ »

2015年9月14日 (月)

ぶどうあります。山猫軒直売所

 今年も巨峰の季節がやってきました。巨峰は天然児の大の好物で、種があろうとなかろうと皮ごといっちゃいます。(渋みがお気に入り?)昔は種なし巨峰というと高級感がありましたが、今では種なしが当たり前になっています。品種改良が進んだのでしょう。天然児に新鮮で甘い巨峰を食べさせようと、我が家では巨峰狩りが毎年の恒例行事になっています。

Dsc03936 甲州街道 Dsc03931 実りの季節

 今年もババを連れてやってきたのは、日本一のぶどうの産地甲州は勝沼。甲州街道が笹子峠から駆け下ったところにあるのが、「ぶどう寺」こと柏尾山大善寺。かのスーパー坊主行基がこの地で修行したとき、夢の中にぶどうを手にした薬師如来が現れたそうで、行基は夢に現れた薬師如来の姿を仏像にするとともに、薬としてのぶどうの栽培をこの地で始めたそうです。甲州ぶどう事始めであります。この大善寺の門前にあるぶどう直売所が我が家の行きつけです。「こんにちは~ぶどうありますか?」・・・

Dsc03938 いらっしゃいませ~ Dsc03939 あ、あのぉ・・・

 奥からヨロヨロと出てきたのは老猫。もうじきお迎えが来そうな齢のようです。年はとっても猫は猫。か細い声でニャ~と甘えていました。しばらく気持ちよさそうになでられていましたが、満足そうにヨロヨロと戻っていって寝てしまいました。あ、あのぉ・・・ぶ、ぶどうはどうなっちゃったんですか?

Dsc03937 種なし巨峰 Dsc03924 今の一番人気シャインマスカット

 「はいいらっしゃい。そこに座って食べていってよ」強面のオヤジさんが登場です。何年か前に初めてこの店をのぞいたとき、このオヤジさんの外見と朴訥な雰囲気に正直「しまった・・・」と冷や汗。でも、人は外見ではありませんね。飾り気はありませんが、売り物のカゴから立派なぶどうを出してくれて、房ごと試食させてくれます。残ったら「車で食べて」と袋に入れてくれるんです。

Dsc03929 手間がかかるんでしょうね。

 天然児もすっかり慣れっこになっていて、いつもは車からなかなか降りないくせに、この店の前に停まると、とっとと降りていってカウンターのど真ん中に陣取ります。オヤジさんも「今年もよう来たな」とばかりに、座った天然児の前に巨峰と近年一番人気のシャインマスカットを出してくれました。遠慮なくひたすら大好物を口に運ぶ底なしの天然児。その様子を見るオヤジさんはどこか嬉しそうでした。天然児のぶどうをひたすら食べる姿ほど生産者冥利につきるものはないのではないでしょうか。

« 好きな(だった?)あの人とサイクリングデート IN 川越 | トップページ | ジンメンカメムシ IN 野菜サラダ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/61593603

この記事へのトラックバック一覧です: ぶどうあります。山猫軒直売所:

« 好きな(だった?)あの人とサイクリングデート IN 川越 | トップページ | ジンメンカメムシ IN 野菜サラダ »