« 温泉駅に流れる昭和のメロディー | トップページ | 田舎のお寺は歴史の宝石箱やー! »

2015年9月30日 (水)

北信実りの秋

 長野市の北、千曲川の流域に広がる平野部には広々とした田園風景が広がっています。彼岸を迎えいよいよ秋本番。水田は稲穂が黄金色に染まり、畦にはコスモスが満開を迎えていました。秋晴れの空の下、広がる水田地帯の先には北信五岳と呼ばれる山々がよく見えています。修験道の道場で忍びの里戸隠山、飯綱大明神鎮座の信仰の山飯綱山、大蛇伝説の残る黒姫山、スキー場などレジャー施設を擁する斑尾山、五岳中唯一新潟県下で「越後富士」の異名の妙高山。日本アルプスのような高嶺ではありませんが、どれも個性派の山ぞろいです。

Dsc04256_2 北信五岳を望む

Dsc04257 コスモスは帽子に似合う・・・

 水田の他に目立つのがりんご畑です。長野県は青森県に次いでりんごの生産量全国第2位、シェア20%を誇ります。真っ赤に色づいたものが目立ちますが、本格的なシーズンはもう少し先、秋深まり冬の足音が聞こえる頃でしょうか。

Dsc04277 りんご畑には・・・

Dsc04260 電気柵が・・・クモは大丈夫なのかな?

 長野全県レベルの名産であるりんごの他にも、土地土地の名産があります。小布施周辺は栗が有名で今は生産の最盛期です。小布施の栗はもっぱら和菓子など加工品に利用されている高級栗です。「高井富士」こと高社山の山裾にはぶどう畑が広がっています。中野市や山ノ内町は長野県下一のぶどうの産地ですが、朝晩の寒暖の差が美味しいぶどうを育てるのでしょう。

Dsc04281 小布施の栗

 秋の実りを目で楽しんできましたが、農家の人にとっては実りの頃は年の繁忙期。遊び歩いている私たちとは対照的に収穫に精を出していました。本当にご苦労様です。収穫された実りを今度は味覚で楽しむ日も近いでしょう。

« 温泉駅に流れる昭和のメロディー | トップページ | 田舎のお寺は歴史の宝石箱やー! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/61843606

この記事へのトラックバック一覧です: 北信実りの秋:

« 温泉駅に流れる昭和のメロディー | トップページ | 田舎のお寺は歴史の宝石箱やー! »