« 仲良しさん | トップページ | 山行 あの金時を越えるのだ! 箱根外輪山縦走その2 »

2015年10月30日 (金)

山行 ガイドウォークは箱根に 箱根外輪山縦走

 Y氏、M氏を誘っての月1山行。10月24日(土)は、丹沢を飛び出して箱根の山を歩きます。箱根登山鉄道の終点強羅駅を起点に、外輪山縦走路に登り、明神ヶ岳から金時山へ縦走して、南足柄の地蔵堂へ下山する良いとこ取りのルートを歩きます。おなじみの丹沢と違って、箱根の山の魅力を二人に紹介できるかどうか?ちょっと心配ですが、案ずるより登るが易し。それでは行ってみよー!

 箱根の山は天下の険 函谷関もものならず♪真っ赤な登山電車が箱根湯本駅を出発します。が、車内にM氏の姿はありません。彼から届いたメールによると、なんでも、地元駅でパスモにチャージしようとしたところ、パスモが機械に飲み込まれて出てこなくなるアクシデントに見舞われたとか。とりあえずスタート地点の終点強羅駅に先行することにしました。

Dsc04597 65歳の老兵モハ1形

 鉄道車両好きのY氏は、昨年箱根登山鉄道にデビューした3000形「アレグラ」号を期待していたようですが、最古参のモハ1形で強羅を目指します。でも、途中の上大平台信号場で「アレグラ」と交換しましたので、間近で見れただけでも良しとしましょう。朝の登山電車は観光電車ではなく通勤電車の様相。出山鉄橋など観光ポイントの解説もなく、ズンズン山を登っていきました。

Dsc04599 強羅駅でM氏待ち

 朝の強羅駅の乗降客は少なく、早雲山に向かうケーブルカーに乗り換える人もほとんどいません。早雲山まで行っても、先のロープウェーは未だ火山活動で普通となっているため、ケーブルカーも閑古鳥なのでしょう。プリキュアな女子駅員さんがケーブルカーの改札にたっていたので、ちょっと引力が働きましたが、初志貫徹!山を目指しましょう。幸いにして、M氏は次の電車で上がってきました。9時過ぎに30分遅れてのスタートです。

Dsc04601 強羅駅付近からの外輪山

 標高541mの強羅駅から温泉街を抜けて、明神ヶ岳の登山口の宮城野橋まで標高差100mの下りとなります。早川の谷間を挟んで正面には、これから登り返す明神ヶ岳ほか外輪山の稜線が見えていますが、下った分は登り返さないといけないので、何とも言えない無常観を覚えます。

Dsc04606 ヤマアカガエルさん、冬眠はまだかい?

 宮城野橋でR138を渡って住宅街を抜けると、外輪山の尾根まで別荘地の中を真っすぐに延びる登山道に入ります。休日の朝ですが、どの別荘もシャッターが下りてひっそりとしています。私なら毎週末は箱根で過ごしますけどね。首都圏から近い箱根でもこの状態なら信州や那須辺りの別荘はどうなるのでしょう。持て余して後悔している人もいるんでしょうね。

Dsc04608 外輪山縦走路

 貧乏人の僻みはそれほどにしておいて、急登を黙々と登っていくと明るい外輪山の尾根筋に到達しました。自分は今まで、箱根外輪山には外側から緩やかで長い登山道をのんびりと登ってきたのですが、内側からだと距離が短い分急登でちょっとキツかったですね。ここまで強羅駅から1時間半かかりました。

 縦走路まで登ってしまえばこっちのもの。しばらくは展望を楽しみながら、なだらかな尾根道を延々と歩くルートです。10月も下旬になったというのに、明神ヶ岳周辺の尾根道は色とりどりの秋の花々で賑やかでした。

 白い花は・・・

Dsc04614 リュウノウギク

Dsc04650 ウメバチソウ

 青い花は・・・

Dsc04635 リンドウ

Dsc04632 マツムシソウ

 黄色い花は

Dsc04638 アキノキリンソウ

Dsc04651 コウゾリナ
 その他、ヤマラッキョウ、ヤマトリカブト、アザミなどが咲いていました。その中でも、メンバーが食らいついていたのはヤマトリカブトです。(本当に食らいついたら死んでしまいますけどね(笑))昔、トリカブト殺人事件ってあったよね!

Dsc04625 ちょっと待って、ちょっと待ってお兄さん!

Dsc04615 神山(中央左)と大涌谷

 やがて左側が崩落地となって大きく展望が開けます。スタートした強羅駅とは反対に、強羅温泉郷を挟んで箱根連山の中央火口丘である神山と駒ヶ岳。神山の中腹にある大涌谷の噴煙もよく見えて、ゴーゴーとジェット機のような噴出の音が聞こえていました。

Dsc04629 金太郎子抱き富士

Dsc04634 明神ヶ岳山頂

 行く手に頭を天に突き上げた見栄えの良い金時山と、その後ろに大きな富士山が重なった「金太郎子抱き富士」が見えてくると、間もなく明神ヶ岳(1169m)の広々とした山頂に到達しました。山頂では多くのハイカーが休憩していましたが、我が一行は「金時山でお昼にしよう」と士気旺盛で、先を急ぐことにしました。(つづく)

« 仲良しさん | トップページ | 山行 あの金時を越えるのだ! 箱根外輪山縦走その2 »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/62286842

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 ガイドウォークは箱根に 箱根外輪山縦走:

« 仲良しさん | トップページ | 山行 あの金時を越えるのだ! 箱根外輪山縦走その2 »