« 結局、寝正月になった三賀日 | トップページ | 年末年始の回顧録その1 »

2016年1月 7日 (木)

君死にたまふことなかれ。でも○○は・・・

 今日の帰り、東海道線が六郷土手付近で緊急停止しました。アナウンスによれば人身事故による緊急停止で、それも乗っていた電車が人を轢いているとのこと。窓から外を見れば・・・あちゃ~踏切の上に停車しています。そのうち救助活動を行う人の声が窓の外から聞こえてきました。

 結局、救助活動(遺体回収?)などで、1時間半ほど現場で立ち往生しましたが、ご本人の境遇など微塵も知らない立場から言わせてもらえば、自殺は最大の親不孝(家族不幸)であり、それも電車に飛び込む行為は多くの人の迷惑を顧みない反社会的行為です。病床にある後期高齢者のババでさえ、半身が動かなくなっても「1日でも長く生きていたい」といいます。生きてさえいればこそ。命を粗末にしてはいけませんよ。「君死にたまふことなかれ!」

 でも、何とかは死ななければ治らないとも言いますよね。20時過ぎに電車が動き出して、最初に停車した川崎駅からほろ酔い加減の一団が乗りこんできました。どうやら職場の飲み会帰りのようです。その中で一番偉そうなお父さんが「あの居酒屋雰囲気良かったなぁ♪」、「俺の行き先は小田原。な、わけねーだろ。次の横浜。その先は知らねえ」しまいには「堀之内はどっちだっけ」などと、かなり饒舌に。おいおい、周囲の皆が1時間以上電車に閉じ込められて、ヘトヘトな状態のところに何てことを・・・これから小田原まで1時間揺られる人もいるだろうに・・・酒は時として幸せ水であり、狂い水であります。

 しかし、いくら集団とはいえ、誰もが何も言わなかったよなぁ。所詮、酔っ払いの戯言。疲れてたし、お腹もすいたし、早くお家に帰りたいもんね。さあ、寝よー

« 結局、寝正月になった三賀日 | トップページ | 年末年始の回顧録その1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/63359338

この記事へのトラックバック一覧です: 君死にたまふことなかれ。でも○○は・・・:

« 結局、寝正月になった三賀日 | トップページ | 年末年始の回顧録その1 »