« 雪見に西丹沢へ | トップページ | 梅はそろそろ見頃です »

2016年2月 6日 (土)

野鳥の楽園に癒される

 お昼休みの散歩コース上野不忍池。この季節は恒例の枯れ蓮の除去と堆積物の浚渫(しゅんせつ)工事が行われています。冬の不忍池の周りを歩いていて驚くのが、非常に多種の野鳥を観察できることです。スズメやハト、カラスなど街中でおなじみの鳥たちの他に、ハクセキレイやシジュウカラ、カワセミなどの小鳥、コサギやアオサギなどサギの類、そしてカモ類や海鳥までが水面や日だまりで羽を休めています。

Img_1453 毎年大変な作業だ。

 冬場に多いのがカモ類です。カモは渡り鳥なので、冬になると寒さの厳しい大陸から温暖な日本に渡ってきて越冬します。ヨチヨチ歩いたり水面をスイスイと可愛らしい姿のカモですが、見かけによらず逞しいですね。丸いクチバシと足に水かきのついた姿は、パッと見、同じように思えますが、よく見ると多くの種類がいるようです。

Img_1293 日光浴のオナガガモ御一行様
 マガモやカルガモを始め、オナガガモ、ヒドリガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、バンと実に多くのカモたちが渡ってきています。都心のど真ん中にこんなに多くのカモが渡ってきていることは驚きですね。最近では身近な越冬地として知られるようになったらしく、野鳥愛好家やカメラ愛好家が不忍池を訪れています。

Img_1004 スイスィ~っと、キンクロハジロ

 不忍池の意外性はまだあります。海鳥が多いことです。ウミネコやユリカモメが集まっていて、ギャーギャーと実に賑やかです。海で魚を食べているほうがよっぽど良さそうですが、寒い冬はカニなど甲殻類も息を潜めてしまいますし、魚も深場に落ちてしまうのでなかなか餌を得にくいのでしょう。不忍池から浜離宮辺りの海岸線まで6kmほど。意外と遠くまで飛んできますが、海を埋め立ててできた東京の街ですから、海鳥たちは本能的に飛んでくるのかもしれませんね。

Img_1294 いつもは釣り船で会うウミネコさん

Img_0609 南斗水鳥拳!

 海鳥の中で圧倒的に多いのがユリカモメです。すっかり人にも慣れていて、中には人の手からも餌を食べる図々しい輩もいるほどです。たまにでっかいオオセグロカモメの姿を見ることができます。大きさもさる事ながら、クチバシの先が曲がって厳い顔をしています。大体いつも同じ場所に陣取っているので、縄張り意識が強いのかもしれませんね。

Img_1460 威厳あるセグロカモメ

 さて、都心の真ん中で人間の暮らしに溶け込んでいる野鳥たちですが、警戒心の薄い鳥たちにお年寄りなどが日常的に餌付けをしている光景を目にします。野鳥への餌付けは生態系へ影響を及ぼすため望ましいものではありませんし、上野公園の管理事務所でも野鳥への餌付けを禁ずる看板を立てています。でも、そう硬いこと言わなくてもいいでしょう。

Img_0886 野鳥たちも実にわきまえたもの

Img_1310_2 人間なんてラララララララ・・・

 野鳥たちもわきまえたもので、そんなじいちゃんばあちゃんの周辺にはスズメ、ハト、ユリカモメを始め、カモやウミネコたちまでが餌をねだりに集まってきます。人間が危害を加えないことを知った輩は、人の手から餌を取って食べるほど人慣ています。

Img_1302 人を襲うスズメ!なんてね(笑)

 前述のとおり、野鳥への餌付けはいけないことなのでしょうけど、人を恐れず餌をねだる鳥たちの姿は実に癒される光景です。都会で暮らす人は、色々と事情があってペットも飼えないことでしょうし、実際、餌付けする人を注意している人を見たことはありません。

Img_1007 癒されました~
 不忍池は、餌の少ない冬場でも楽々餌にありつける鳥たちの楽園なのであります。

« 雪見に西丹沢へ | トップページ | 梅はそろそろ見頃です »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/63813136

この記事へのトラックバック一覧です: 野鳥の楽園に癒される:

« 雪見に西丹沢へ | トップページ | 梅はそろそろ見頃です »