« 山行 将来の憂いを思いながら 寄沢沿い | トップページ | 天然児をも魅了した戦国の城 »

2016年3月12日 (土)

雨の池之端にて

 春の息吹を感じながら山行をしたかと思えば、今週に入って一転して冷たい雨となりました。雨の日は昼の散歩は控えて、職場でネットを見たり、忙しい時期なので少しでも仕事を消化したりして過ごすのですが、病床のババの一日も早い回復を願って、傘をさしてお百度参りに出かけました。

Img_1608_3 静かな池は鳥たちの安息の場

 湯島の坂を下り、上野不忍池の畔、池之端に出て、池の中道を歩いて上野の山にある医薬祖神五條天神社までを往復します。晴れた日には散歩やジョギング、観光客で賑わっている上野不忍池ですが、冷たい雨の日にはほとんど人の姿がありません。池の周囲にはビルが立ち並んで車の往来もあるのですが、自然と雨音に消されて不思議と静かな池の畔を歩いていきます。

Img_1596 行き・・・あなたはだあれ?真っ黒くろすけ?

Img_1606 帰り・・・ウさんでしたか

 人の姿が消えた池では鳥たちがのんびりと羽を休めています。でも、いつもの人慣れして餌をねだる都会の鳥の姿とは違って、自然な姿を見せてくれました。

Img_1605_3 コサギも近くで見れました。
 それとは逆に、警戒心の強いサギなどは、人が多いと岸から離れた葦原やボートの上、あるいは樹上に身を隠してなかなか近寄ってこないのですが、人が少ないこのような日には警戒心も薄らぐのでしょうか、身近に観察することができました。

Img_1613 オオバン

 いつもは首を前後に振りながら水面を泳ぎ回る水鳥オオバン。このオオバンが陸上を歩く姿を初めて見ることができました。その姿はどこかヤンバルクイナを彷彿させるものでした。

« 山行 将来の憂いを思いながら 寄沢沿い | トップページ | 天然児をも魅了した戦国の城 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/64386088

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の池之端にて:

« 山行 将来の憂いを思いながら 寄沢沿い | トップページ | 天然児をも魅了した戦国の城 »