« 山行 パワーチャージ完了 鍋割山 | トップページ | 三つ指ついてお出迎え »

2016年6月22日 (水)

山の小さな役者たち

 前回ご紹介した鍋割山で出会った小さな草花、動物を紹介します。

 ツツジも終わって目立つ花はなかったのですが、道端には小さく可憐な草花が迎えてくれました。下界では雑草の類と見向きもされないでしょうけど、山で咲く花は何か眩しいですね。山を歩く女性もまた然り。あ、いや、皆さんはいつでも美しいですよ(汗)

Dsc06786 黄色花1 ヤクシソウ
Dsc06805 黄色花2 ニガナ

 ムックリ頭をもたげたギョリンソウ。真っ白な見た目のとおり葉緑体を持たないので、腐葉土を栄養源にして育ちます。どこか神秘的で、どこか気味の悪さもあるその姿は、「ユウレイタケ」の異名も。エヴァに登場する使徒のように見えるのは私だけでしょうか?
Dsc06788 ギョリンソウ

 キノコのノコノコたぬきの子、キノコの山があったとさ~ほ~れどっさり食べりゃんせ~♪キノコの山は食べざかり・・・ってありましたけど、山のキノコはむやみに食べないようにご注意ください。

Dsc06800 キノコの山

 アセビの生い茂る道。ちょいと失礼と枝を掻き分けると、赤く小さなお花を見っけ。釣鐘のような花はハンショウヅル(半鐘蔓)と申します。気づいたあなたはなかなかの通ですね。
Dsc06798 ハンショウヅル

 木の枝についたアワアワを発見。モリアオガエルの卵塊のようですが、ここには水辺はないし・・・庭先でも見られるアワフキムシの巣のようでもあり・・・でもどちらかといえばカエルの卵の方が良いなぁ。
Dsc06791 モリアオガエルの卵塊のような・・・

 人間だー!退避!足元をニホントカゲが慌てて走り回っています。あんまり慌てた1尾は近くの穴に飛び込んだものの・・・
Dsc06794 ちょっと穴が小さかったね(笑)

 さて、夏の丹沢名物といえばヤマビル。皆さんやたらと警戒して、「夏の丹沢には絶対近づかない」なんて言う人もいるとか。でも、アリさんのようにそこいら中歩き回っているわけではないので、そうナーバスになる必要もないでしょう。私なんて、山行で1度もコイツの姿を見れないと、ちと物足りない気分になります。まあ、出会ったとしても決してありがたくもなく、捕えて打ち殺してしまうんですがね。この日も最後の最後で、わざと林道脇の草むらに分け入ってみると・・・
Dsc06809 チーッス(血吸)

 どれも姿かたちは小さいけれど、皆山の名役者たちです。どれをとっても思わず笑みがこぼれてしまいます。やっぱり自然はいいなぁ~♪

« 山行 パワーチャージ完了 鍋割山 | トップページ | 三つ指ついてお出迎え »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/66142888

この記事へのトラックバック一覧です: 山の小さな役者たち:

« 山行 パワーチャージ完了 鍋割山 | トップページ | 三つ指ついてお出迎え »