« 彩る花々と思い出のキャンプ場 八島ヶ原湿原 | トップページ | かみはネズミを求め 天然児はカバを求めて »

2016年8月14日 (日)

この木なんの木?気になる木 夏の里山にて

 この木なんの木 気になる木 見たこともない木ですから 見たこともない木になるでしょう♪誰もが知っている日立グループのCMソングです。先日、この歌の歌詞に登場する木のように、とっても気になる木と出会いましたので、ご紹介させていただきます。

Img_2930 天然児の遊び場 里山

 さて、真夏の暑さを逃れるようにして、おにぎり持参で里山にやって来ました。ここでは丘陵地を渡る風のお陰で随分涼しく過ごせるからです。青々と成長した水田の稲が、風にそよいで涼感たっぷりです。人気が全くなくて、天然児には最高の遊び場です。

Img_2906 カモたちもお昼寝中

Img_2932 田んぼの畦から水が湧いていました。

 夏の暑さは、人にとっては堪えるものですが、里山に生きる小動物にとっては、この上ない活力源です。前回、梅雨時に訪れたときよりも、多種多様な生き物を見ることができました。

Img_2922 カワトンボ Img_2911_3 サワガニ

Img_2934 ツチガエル

Img_2960_2 うぇ~ヤマメだよ♪
 さて、その気になる木との出会いは、そんな夢中になって生き物を追い求めているときでした。

Img_2920 この木なんの木?

 水辺に根を下ろして、枝を四方に広げるこの木は、どうやらヤナギの種のようです。何が気になる木かと申しますと、この木にやたらと虫が寄っているんです。チョウ、アブ、スズメバチ、ガガンボ、カナブン、その他小さな虫がわんさかと飛び交い、這い上がっています。

Img_2914 枝にはチョウが

Img_2915 裂け目に潜り込むカナブン

Img_2916 だべり中の?アブ「この木いいよなぁ~」「だよな~」

 虫たちが寄るのには訳があります。このヤナギの木、樹液の出がハンパないんですよ。よくよく見れば、根元の雑草が木から滴り落ちた樹液で真っ黒になっているほどです。樹液といえば、あの連中が見逃すわけがありませんよね?

Img_2928 やっぱりね♪

Img_2918 今忙しいんです! Img_2919 後にしていただけますか。

 カブクワといえば、クヌギやコナラという固定観念に縛られがちですが、彼らは甘い樹液が出る木の生える場所であれば、大抵見ることができます。郊外の桃や栗など果樹園周辺には、沢山生息していると聞いたことがあります。

Img_2925 天然児も興味津津です。

 何度も通う里山ですが、また新たな発見がありました。いやぁ~自然て、ホント奥深いものですね。それではまた来週お会いしましょう。

« 彩る花々と思い出のキャンプ場 八島ヶ原湿原 | トップページ | かみはネズミを求め 天然児はカバを求めて »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/66988036

この記事へのトラックバック一覧です: この木なんの木?気になる木 夏の里山にて:

« 彩る花々と思い出のキャンプ場 八島ヶ原湿原 | トップページ | かみはネズミを求め 天然児はカバを求めて »