« 山行 寿司詰めバスに1時間 仙丈ヶ岳その1 | トップページ | 山行 女王の頂きに立つ 仙丈ヶ岳その3 »

2016年9月 5日 (月)

山行 白鳳渓谷バスの旅 仙丈ヶ岳その2

 芦安温泉を出発した寿司詰めバスは、ジグザグと林道を上がって、鳳凰三山方面の登山口である夜叉神峠登山口(1380m)に至ります。ここには南アルプス林道のゲートがあって、この先が一般車の規制区間になります。ゲートの先には、夜叉神峠の下を貫く夜叉神トンネルがあります。このトンネルは、南アルプス林道最長のトンネルですが、狭くて交互通行なので、先入車優先となっています。中央部に待避所があってすれ違いが可能となっていますが、実はこの待避所は、トンネルを双方から掘り進んだ結果、ズレが生じたために待避所に転用した「怪我の功名」なんだそうです。今や我が国は世界一のトンネル先進国ですが、戦後間もない頃のトンネル技術はこの程度だったようです。時代を感じますね。

 夜叉神トンネルを抜けると、そこは南アルプスの山懐。目も眩むような遥か眼下に白鳳渓谷を見下ろしながら、バスは山肌を縫うように通じる林道をクネクネと進みます。バスの終点である広河原には、明治期に人の手が入り、戦前は炭焼きで生計を立てる人たちの集落があったそうです。炭焼きの人たちは、炭を担いで芦安まで売りに行っていたそうですが、自動車の普及していない時代ですから、当時の苦労が偲ばれます。林道トンネルの脇に手掘りの小さなトンネルが残っていますが、自動車道開通以前に使用されていた人道だそうです。

 座っていれば最高の車窓が楽しめる(実際は皆さん寝ていました)ところですが、立ち乗りの身はそれどころではありません。バスは右へ左へ蛇行するので、絶えず体重移動と手すりにつかまることで体を支えなければなりません。車内は暑いし、腕は痛いし、眠いし、山に登る前からとんでもない疲労です。

Dsc02220 バットレスね。

 そのうち、行く手白鳳渓谷の対岸に農鳥岳、間ノ岳、北岳の白根三山が見えてきました。白根三山は、山麓の芦安や韮崎から見上げても、櫛形山や鳳凰三山に遮られて見ることができないので、そびえる姿に感動も一入です。北岳にキタァ~~~~~!(昨年も使用)

 やがて、遥か下に流れていた野呂川の水面が近くなって、対岸に早川町奈良田方面からの県道南アルプス公園線が近付いてくると、北岳の登山口である広河原(1520m)に到着です。もう20年近く前になりますが、当時はマイカー規制もなく、未舗装の悪路だった公園線をガタゴトと広河原まで来たのは、懐かしい思い出です。山登りを始める前でしたが、見上げた北岳のバットレスには圧巻でした。

Dsc02218 北沢峠行きに乗り換え

 そんな思い出にいつまでも浸っている場合ではありません。広河原に着いたら、すぐに北沢峠行きの市営バスに乗り換えです。今度は座れました♪ここまで山交バス2台に寿司詰めだっただけに意外でした。ほとんどの人が北岳を目指してきたということになします。そう思っているうちに、バスは花の咲き乱れる広河原を出発しました。

 更に小さな市営バスは、野呂川沿いの林道を進んでいきます。北岳が見えなくなると、前方に早川尾根の最高峰であるアサヨ峰が見えてきました。現在ではかな文字で表示される山名は、以前は「浅夜峰」と表記されていたそうで、その所以は、野呂川上流域で朝日が最初に当たる峰だからだそうです。

 甲斐駒近くの仙水峠に端を発する北沢と、間ノ岳カールに端を発する野呂川の合流点が近づくと、正面に仙丈ヶ岳が見えてきました。林道が北沢を渡って、北沢右岸を遡行すると、今度は車窓右手に摩利支天の岩峰を怒らせた甲斐駒が見えてきました。その勇壮な姿に、車内一同感嘆の声を上げました。

 北沢上流部には、朝も早くから林道整備の工事関係者が作業を始めていました。大変ご苦労なことだと思うと共に、こんな環境下で働けることを羨ましくも思いました。レジャーに向かう我が身としては、感謝の念を込めて通過です。

Dsc07270 北沢峠の長衛荘

 広河原から30分で、標高約2千m(2030m)の北沢峠に到着しました。山梨、長野両県の県境に位置する峠は、コメツガ、シラビソ、トウヒなどの針葉樹林の中にあって、展望こそありませんが、林間の山荘があって雰囲気の良いところです。家族旅行で来ても良さそうな場所です。林道はここから長野県に入って、伊那市戸台集落に下っているので、長野県側からも伊那市営バスが登山者を運び上げてきます。北沢峠は、甲斐駒、仙丈、早川尾根、鋸岳の登山口ですが、断然多いのは甲斐駒のようです。

Img_3271 伊那からもバスが通じてます。

 あれあれ、前置きばかり長くなりました。用を足したら出発です。いざ、女王様の懐に飛び込みましょう!(つづく)

« 山行 寿司詰めバスに1時間 仙丈ヶ岳その1 | トップページ | 山行 女王の頂きに立つ 仙丈ヶ岳その3 »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/67357569

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 白鳳渓谷バスの旅 仙丈ヶ岳その2:

« 山行 寿司詰めバスに1時間 仙丈ヶ岳その1 | トップページ | 山行 女王の頂きに立つ 仙丈ヶ岳その3 »