« 朝飯前に古城見物 後閑城 | トップページ | おんぶって温かいね »

2016年10月17日 (月)

軍師官兵衛もびっくり!水牢と化したメダカ池

 10月も半ばを過ぎました。朝晩は寒さを感じる程になりましたので、そろそろ我が家の居候君たちも冬支度です。夏の間は外飼いしていたリクガメのクロちゃんもリビングの水槽に収まりました。

 猫の額の片隅にいるメダカたちには、冬越えのために餌を沢山与えます。先日もメダカに餌を与えようとしたところ…

Dsc07440

 メダカ池のひとつに何か大きな生物が浮いているではありませんか!

Dsc07441 何やってんだよ~
 がまちゃんことヒキガエルでした。今年の夏は、トンボがメダカ池に産み落としたヤゴによってメダカが散々に食い荒らされてしまったので、トンボの産卵防止柵を置いたのですが、がまちゃんはどうやってか、この柵を突破して池に入り込んだようです。でも、入ったのはいいけど抜け出せなくなってしまったようです。

 このがまちゃんの姿を見て、豊臣秀吉に仕えた名軍師黒田官兵衛を思い出しました。天正6年(1578年)、織田信長の重臣で摂津有岡城主の荒木村重が敵対勢力の石山本願寺に加担して謀反を起こします。信長から多くの使者が派遣されて村重を説得しますが、その中に村重とは旧知の仲だった黒田官兵衛がいました。

 荒木村重はことごとく説得を退けましたが、元来情け深い性格でしたので、使者を殺したり捕らえることはありませんでした。しかし、村重と共に謀反を起こした官兵衛の旧主小寺政職が官兵衛を殺すよう進言したため、村重はやむなく官兵衛を捉えて有岡城内の土牢に閉じ込めてしまいました。この土牢は日当りが悪く水が染み出していて衛生上劣悪だったため、官兵衛は皮膚の感染症におかされ、1年後の有岡城陥落時に救助されたものの、以後歩行障害になってしまったそうです。

Dsc07443 頼むよセンセイ

 ヒキガエルは陸棲のカエルですので、余り長く水に入っているのは体に障ることでしょう。それよりもヒキガエルの土左衛門なんて目も当てられませんし。早々に救助しました。猫の額には黒光りのヤツらが沢山潜んでいます。化学兵器の大量投入は余り気が進みませんので、ヤツらを捕食するがまちゃんの存在意義は大きいです。冬眠前に1匹でも多く退治して欲しいものです。

« 朝飯前に古城見物 後閑城 | トップページ | おんぶって温かいね »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>猫の額には黒光りのヤツら
なんだそれ?

そういえば、実家のポストの中にヒキガエルがいた時はびっくりしたなぁ。
おふくろが叫びながらどっか飛んでったっけ(笑)

黒光りといえば、マッシュ、オルテガ、ガイアだろ…もとい。シャア並に速いムシといえば、お分りでしょ。

要はGから始まる憎いやつ、ってムシですかね。

そだね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/67999056

この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛もびっくり!水牢と化したメダカ池:

« 朝飯前に古城見物 後閑城 | トップページ | おんぶって温かいね »