« 落慶法要当日の偶然 日向薬師 | トップページ | 山行 三匹、伝説残る景信山へ 高尾山稜その2 »

2016年11月26日 (土)

山行 三匹が行く紅葉の高尾山 高尾山稜その1

 勤労感謝の日は、横浜のYさん、町田のMさんを誘っての三匹山行です。5月連休の大岳山以来半年ぶりの山行は高尾山から陣馬山への縦走です。高尾山から小仏城山、景信山、堂所山を経て陣馬山に向かう縦走路は、低山縦走路ながら行程20kmにも及ぶ人気の道です。思えば昨年の11月末に行く予定だった山行なのですが、直前にババが脳溢血で倒れて中止した因縁のリベンジ山行です。さて、どうなりますことか…

Img_4043 京王帝都・高尾山口駅

 二宮駅4時42分の始発で出て、集合場所の京王帝都電鉄高尾山口駅に到着したのは6時41分。早朝にもかかわらず、駅前は多くのハイカーで賑わっていました。さすが本邦一の登山者を集める高尾山だけはありますね。7時の集合時間までにベンチに腰掛けて朝食のサンドをいただきます。

Dsc07730 紅葉の山へ

 7時過ぎにグダグダとスタート。家族連れやら山ガールやら中高年やら、ドヤドヤと皆が高尾山に向かうので、どうしてもいつものような気合に欠けてしまいます。でもこういう雰囲気も悪くありません。楽しんでなんぼの山行ですから。

Img_4045_2 ケーブル清滝駅前

 ケーブルカーの清滝駅前もハイカーのたまり場です。ここは高尾山の玄関口なのですが、明治の森高尾国定公園から大阪の明治の森箕面国定公園に通じる全長1,700kmにも及ぶ東海自然歩道の起点でもあります。今回はケーブルカーを利用せず、表参道から歩くことにしました。

Dsc07736 紅葉の多摩丘陵

 ジグザグと九十九折の坂道を歩くこと30分。ケーブルカーの終点高尾山駅近くまで上がってきました。展望園地からは多摩丘陵、相模平野、武蔵丘陵が一望の下です。この日は曇り空で、時折ポツポツと雨粒が落ちる状況でしたが、東京都心のビル群やスカイツリーを望むことができました。

Dsc07739 薬王院の山門

Dsc07747 東京都の黄色と高尾の赤

 紅葉の参道を歩いて薬王院へ。境内はいつ来ても多くの人で賑わっています。晴れていれば紅葉の色彩も鮮やかなんでしょうけどね。見頃なだけに残念です。高尾山ほど人が多い山では、いつもの山のようにハイカー同士の挨拶はありません。そんな中でも「おはようございます」と礼儀正しいヤングな坊主頭が颯爽と歩いていきます。きっと薬王院で修行する坊さんの出勤時間なのでしょう。

Img_4047 賑わう高尾山頂

Dsc07744 山頂から丹沢を望む

 奥の院から尾根伝いに歩くとすぐに高尾山(599m)の広い山頂に到着です。南面には丹沢の山並みが望める展望地ですが、生憎どんよりとした雲が垂れこめていました。西丹沢大室山の向こうに望めるはずの富士山も当然見えません。さ、寒々しいので先を急ぎましょう。(つづく)

« 落慶法要当日の偶然 日向薬師 | トップページ | 山行 三匹、伝説残る景信山へ 高尾山稜その2 »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/68583792

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 三匹が行く紅葉の高尾山 高尾山稜その1:

« 落慶法要当日の偶然 日向薬師 | トップページ | 山行 三匹、伝説残る景信山へ 高尾山稜その2 »