« 静かに余生を送る秋虫たち | トップページ | 大きな景色を楽しみながらの小アジ釣り »

2016年12月16日 (金)

真っ赤な吾妻山の紅葉

 冬眠暁を覚えているものの寒くて二度寝。どうしても朝駆けの丹沢に踏み切れません。仕方がないので、吾妻山に登って丹沢を遥拝することにしました。JR線路沿いの梅沢登山口からジグザグ道を歩いていくと、樹間から早くもライジングサン。元旦は塔ノ岳の山頂でご来光を仰ぐ予定ですが、こんなことで果たして叶うのか?かなり不安になりました。

Dsc07826 吾妻神社の紅葉 Dsc07828
 かの日本武尊が東征の折、三浦半島から房総に渡るため東京湾に船出したとき、折から暴風が吹き荒れ、あわや遭難の危機とました。日本武尊の妻弟橘媛命は、海神の怒りを鎮めるため、海に身を投じたと言われています。後に命の櫛が小余綾浜に流れ着いたので、それを祀ったのが吾妻神社の興りといわれています。境内のもみじがちょうど見頃でした。

Dsc07832 吾妻山の朝

Dsc07845 丹沢のモルゲンロート

 吾妻山の朝はとても静かです。あと1ヶ月もすれば菜の花が咲きそろって、1年で最もこの山が賑わう季節となります。富士山や箱根の山は雲隠れしていましたが、表丹沢の山並みはとても素晴らしいモルゲンロートでした。

Dsc07835 ハクセキレイのお出迎え

 ピチピチとハクセキレイが出迎えてくれました。鳥インフルエンザの被害が話題になっていますが、風邪引くなよー

Dsc07837 ナナカマド

 落ち葉の積もった道を歩いて中里口へ下ります。途中、素晴らしく紅葉したもみじ谷のような場所を見つけました。

Dsc07849 もみじ谷

 菜の花はまだでしたが、意外と紅葉も楽しめた吾妻山の朝でした。

« 静かに余生を送る秋虫たち | トップページ | 大きな景色を楽しみながらの小アジ釣り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/68832127

この記事へのトラックバック一覧です: 真っ赤な吾妻山の紅葉:

« 静かに余生を送る秋虫たち | トップページ | 大きな景色を楽しみながらの小アジ釣り »