« 立派なお墓になりました。 お墓建て替え大作戦その4 | トップページ | 山行の記録(H20~) »

2016年12月 5日 (月)

山行 冬が来る前にもう一度紅葉を 大山

 11月24日(木)、記録的に早い初冠雪を記録した関東地方でしたが、そのときは丹沢も真っ白に雪化粧しました。もはや山では紅葉が望めなかろうと思いつつも、大山ならば何とか残っているのではないかと僅かに期待しつつ、11月末に大山を歩いてきました。

Dsc07801 日の光が欲しいところ

 家の用事を済ませて、大山の登山口にやってきたときはお昼もかなり回っていました。朝のうちは良く晴れていましたが、この頃にはかなり曇ってきました。大山から流れ出る鈴川沿いの山々はまだまだ紅葉盛りのようですが、晴れていたらもっと鮮やかな紅葉が楽しめたことでしょう。

Dsc07802 なかなかええんでないの?

 平日の昼下がりでしたので登山者の姿はまばらでしたが、参道を上り下りする観光客の姿は結構ありました。店のオバちゃんが「今日のお客さんは買ってくれないね~」何てボヤいていましたが、近隣の人が多かったのでしょうか。子供の頃、名物の大山独楽を買ってもらったのが懐かしい思い出ですが、今では何も買いません。

Img_4097 大山寺周辺の紅葉

Dsc07810 クモの糸を紡ぐ童子

 大山一の紅葉の名所といえば、女坂の半ばに位置する大山寺の境内にあるモミジのトンネルです。境内の下の方の木は、まだ十分な紅葉が残っていたものの、残念ながらモミジのトンネルはほとんど葉を落としていました。

Dsc07812 大山ケーブルの新型車両

 大山寺で紅葉を楽しんだら下山してもいいような天気でしたが、せっかく得た山行の機会ですので、山頂まで歩くことにしました。阿夫利神社下社より上は冬の様相です。山の魅力には欠けますが、ここは信仰の山、年末年始は多くの参拝客が訪れることでしょう。

Img_4103 既に冬山の様相の下社

Dsc07813 展望もイマイチ

 休日は多くのハイカーで混雑する表参道も平日の昼下がりは静かなものです。それでも高年グループからカップリングに山ガール。カッ飛びトレイルランナーからグダグダの学生くん。外人さんに日中一時支援の障がい児と実に様々なスタイルの人たちが山頂を目指しているのは、人気の大山ならではです。

Img_4109 静かな表参道

 山頂に立ったところで、雲が垂れこめて寒々しく展望はイマイチ。湯を沸かして暖をとる人や肩を寄せ合うお熱い男女もいましたが、長居は無用と早々に退散することにしました。見晴台への下り坂は雪融け道でかなりヤバかったです。

Img_4114 山頂から東の展望

Img_4131 クリスマスかぁ…

 冬が来る前に~もう一度~あの人と~めぐり逢いたい♪そんな歌詞を思い浮かべながら去りゆく秋に浸っていると…ピロリン(LINEの新着)「どこにいる?疲れたから夕飯よろしく」Oh my God!

★コースタイム:3時間15分

大山第1駐車場12:50→13:20大山寺→13:35阿夫利神社下社13:40→14:35大山山頂

→15:15見晴台→15:35下社→16:05駐車場

« 立派なお墓になりました。 お墓建て替え大作戦その4 | トップページ | 山行の記録(H20~) »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/68712356

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 冬が来る前にもう一度紅葉を 大山:

« 立派なお墓になりました。 お墓建て替え大作戦その4 | トップページ | 山行の記録(H20~) »