« 花と緑の風景その2 藤の花 | トップページ | 山行 クマとダニのお・も・て・な・し 椿丸・大栂・菰釣山縦走その2 »

2017年5月 6日 (土)

山行 西丹沢の深山縦走 椿丸・大栂・菰釣山縦走その1

 ゴールデンウィークももうすぐ終わりです。9連休の方も多かったのかと思いますが、暦通りの山笑でした。でも、5月1、2の仕事は逆に休養日みたいなもので、休みの日はたっぷりと遊んできました。

Dsc09062 樹下の軍馬

 4月29日(土)、GW初日を飾る雲一つない快晴の朝でした。早暁とともに活動を開始。軍馬を駆って丹沢湖にやって来ました。登山、キャンプのベストシーズンですから、早朝から移動する車が割と多いようです。丹沢湖の左俣、世附川が湖に流れ込む浅瀬のゲート前は既に車でいっぱいでしたので、少し手前の湖畔の駐車場に軍馬を入れました。世附川上流には多くの沢が枝分かれしていますから渓流釣り目的で入渓する人が多いようです。

Dsc09065 早朝なれど入渓者多し

 林道ゲートを通過して間もなく、世附川と大又沢が出合う浅瀬橋を渡るとそれぞれの川に沿って林道は西と北に分岐します。そのまま西に進んで間もなく、右手の斜面に赤テープと踏み跡を確認できました。ここから西丹沢の深部を南北に貫くマイナールート歩きがスタートします。先ずは椿丸のピークを目指します。

 登山愛好家の間ではおなじみの昭文社「山と高原地図」の丹沢を眺めてみると、東丹沢から主稜線、主脈線、西丹沢の甲相国境尾根辺りまでは登山ルートが毛細血管のように明記されていますが、世附川上流部は登山ルートが全くない空白地帯となっています。かつては人の営みがあった場所ですし、「〇△峠」という場所が地図上にチラホラと見られるので、ルートがない訳ではなさそうですが、歩く人も少なく、廃道と化したルートも多いことから、不慣れなハイカーの道迷いのリスクを回避するために敢えて表示しないのかもしれません。

 実はちょうど1年前にこのルートを歩いたのですが、椿丸に行き着くまでに2回ほど道に迷い、更にタイムアウトで椿丸の先に位置する織戸峠からエスケープした後も道に迷って、体中擦り傷や切り傷、打ち身、足痙りと満身創痍で大又沢林道に転げ出た苦い思い出があります。今回は1年ぶりのリベンジ山行になります。

 さて、最初のうちは南斜面を急登します。貯水目的のダムは深い渓谷を堰き止めて造られる訳ですから、丹沢湖周辺の山々は険しいのが頷けます。傾斜はかなりきついのですが、明るい自然林の中を歩くので、若葉が実に気持ち良く感じられました。ヤブツバキやミツマタが群生している場所がチラホラありますが、どちらも花は見頃を終わっていました。

Dsc09077 780mピーク
Dsc09076 ミツバツツジに惑わされないように

 尾根に乗ってしまえば、後は緩やかに標高を上げていくことになります。登山口から1時間ほどで標高780mピーク(笹小屋沢ノ頭)に到達しました。このピークの周辺にはミツバツツジが目立ちます。尾根は東西に分岐しますが、このピークに近づくにつれて、西側に延びている尾根がやたらと存在感があって、自然体で歩いていくとそちらに引き込まれてしまいますが、実は誤りです。前回はまんまと引きずり込まれて1時間ほど首を傾げながらミツバツツジ見物をしました。

Dsc09080 富士には松がよく似合う

 今回は迷うことなく東の尾根を進んで行きます。少しダウンアップして次の標高795mピーク(小熊沢ノ頭)に至りますが、片側が大きくザレた箇所を通過するので注意が必要です。780mピーク以降、富士山が樹林越しに感じられます。この日は快晴だったので、白く大きな富士山の存在をずっと感じていましたが、はっきりと見える場所はずっと先になります。

 795mピークの先は、植林帯と自然林が交互に左右に続いていくルートです。それにしても西丹沢の最深部を歩いているはずなのですが、野鳥やシカの鳴き声以上に常に聞こえてくるバイクの排気音が何とも不協和音です。ツーリングで人気のある丹沢湖や三国峠が近いからなぁ…

Dsc09085 えらいこっちゃ、なんのこっちゃ、チャチャチャグーグーガンモ♪

 小ピークをアップダウンしながら登山口から2時間で椿丸に到達しました。幹にくくりつけられた表示版がなければ気がつかないほどの目立たない場所ですが、東側の斜面の木が伐採されていて、行く手に広がる甲相国境尾根の稜線、平行する世附権現山から屏風岩山、更に畦ヶ丸への稜線、その奥に西丹沢の盟主檜洞丸が見えていました。

Dsc09086 菰釣山と甲相国境尾根

Dsc09090 権現山(右)から屏風岩山。奥に檜洞丸

 目指す菰釣山はまだまだ先ですが、1年振りのリベンジ山行ですからオッサンの闘志は衰えません。(つづく)

« 花と緑の風景その2 藤の花 | トップページ | 山行 クマとダニのお・も・て・な・し 椿丸・大栂・菰釣山縦走その2 »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/70420457

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 西丹沢の深山縦走 椿丸・大栂・菰釣山縦走その1:

« 花と緑の風景その2 藤の花 | トップページ | 山行 クマとダニのお・も・て・な・し 椿丸・大栂・菰釣山縦走その2 »