« 夏至の夜 | トップページ | 山行 未練のシャクナゲを見たい 甲武信ヶ岳~雁坂峠縦走その1 »

2017年6月22日 (木)

山行 山の上には緑が燃える 鍋割山マルガヤ尾根

 頃は夏至。をそろそろ夏休み恒例のアルプス登山に備えて歩き込んでおきたいところです。6月17日(土)、空梅雨の良いお天気でしたので、おなじみのお気軽お手軽コース、表丹沢県民の森から鍋割山稜を歩いてきました。

Dsc09919 夏山の様相

 最初は後沢乗越経由でボトル担ぎをやろうと思っていましたが、西山林道のハイカーの往来を見て再考。西山林道途中の本沢の先からマルガヤ尾根を歩くことにしました。マルガヤ尾根は、鍋割山南稜と小丸尾根のちょうど中間にあるマイナールートです。鍋割山稜に向かってひたすら直登する頑固一徹ルートですが、上部は草原の斜面を歩く気持ちの良さが気に入っています。

Dsc09920 本沢を渡ったら…

Dsc09921 植林帯を登って行きます。

 マルガヤ尾根は、マイナールートとはいえ踏み跡は明瞭ですし、ポイントポイントには赤テープがついています。ルートの最初は、植林帯の斜面をジグザグと稼いでいきます。林道から丸見えな斜面なので、「アイツ何やってんだ?」的な視線がちょっと痛いところです。

Dsc09926 尾根上をひたすら

Dsc09925 結構な斜度です。

 尾根上にあがったらこっちのものです。誰にも見咎められることのない一人歩きの始まりです。赤松やブナの根が張りだした尾根上をひたすら直登して行きましょう。一人歩きとはいえ、この時期の風物詩エゾハルゼミの大合唱が迎えてくれるので寂しくなんか微塵もありません。ミョ~キン、ミョ~キン…

Dsc09938 蝦夷春蝉

Dsc09974 羽化ラッシュです!

 名も無き928mの小ピークに到達すれば前半戦終了です。ブナ林に囲まれたピーク上は涼しくて休憩するには絶好のポイントです。暫し、木陰に腰を下ろして蝉時雨に打たれるひと時。なんという贅沢な時間なのでしょう。ミョ~キン、ミョ~キン…

Dsc09929 928mピーク

 マルガヤ尾根の後半戦は、ヤセ尾根やら岩場に根の張り出した危なっかしい箇所もありますが、やはり紹介したいのはクライマックスの草原の斜面です。草原にはジシバリ、クワガタソウ、シロバナヘビイチゴの花が。周囲の木にはヤマアジサイ、ツルアジサイ、ヤマボウシ、バイカウツギ、ニシキウツギの花を見ることができました。

Dsc09952 明るい草原歩き

Dsc09953 シロハナヘビイチゴ

Dsc09946 ヤマアジサイ

Dsc09951 ヤマボウシ

Dsc09986 キンラン

 標高を上げてくると展望も良く、左手には鍋割山南稜の向こうには富士山が。右手には小丸尾根、大倉尾根とその先に三ノ塔や大山が見えました。

Dsc09942 鍋割山南稜(富士山わかります?)

Dsc09950 手前から小丸尾根、大倉尾根、三ノ塔、大山

 県民の森から2時間弱で鍋割山稜に到達しました。鍋割山稜のルートから少し外れた草原に腰を下ろして、秦野市外や海岸線を見下ろします。

Dsc09958 尾根上部から秦野市街を展望

 爽やかな初夏の風に吹かれていると、頭に懐かしいリズムがよぎりました。グリーン、グリーン、山の上にはララ、緑が燃える♪

Dsc09981 小人の視点

 そうそう、暑くなってきたので、そろそろ夏の虫に会えるのではと思い注意していると…

Dsc09992

 小さなクワガタを見つけました。

« 夏至の夜 | トップページ | 山行 未練のシャクナゲを見たい 甲武信ヶ岳~雁坂峠縦走その1 »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/70929303

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 山の上には緑が燃える 鍋割山マルガヤ尾根:

« 夏至の夜 | トップページ | 山行 未練のシャクナゲを見たい 甲武信ヶ岳~雁坂峠縦走その1 »