« 山行 あこがれの樹下の二人へ 不老山西県境尾根その2 | トップページ | 我が家の樹下の二人 »

2017年6月15日 (木)

雨の夜の珍客

 関東地方は6月7日に梅雨入りしましたが、今のところは雨の日も少なく空梅雨模様です。そんなある夜のこと。東京を出たときは傘が必要ない天気だったのが、地元に帰ってきたらザンザン降り。我が家のキッチンドリンカーには救援も頼めず、雨中の強行突破となりました。

 家の近くまでくると…?何やら白いものが路上を横切っています。まさかー!足ありますよね?

Img_5298 安心してください!いっぱいありますよ。

 白いものの正体はサワガニでした。自宅周辺は丘陵の凹地を宅地化しているので、山の水が染み出しています。下から上がってくる道の暗渠は沢水の名残です。今までも雨が降る夜にしばしばサワガニを見かけることがありましたし、車に踏まれてペシャンコになっている姿を見ることもありました。

 帰宅時間帯は車の往来もあるので、踏まれては気の毒と自宅に連れて帰りました。早速天然児の天覧に供すると、最初のうちは甲羅をツンツンしていましたが、それ以上は怖くて触れないようでした。むしろ食らいついたのはキッチンドリンカーことかみです。手のひらにのせたり指を挟ませてみたり。そのうち腕を登らせて「ホラホラ、カニは前にも歩くんだよ♪」当に「虫愛ずる姫君」…もとい、「カニ愛ずるオバちゃん」です。

 我が家に逗留いただいたサワガニでしたが、2昼夜ぶりに今朝方、山際の側溝に解放されました。

« 山行 あこがれの樹下の二人へ 不老山西県境尾根その2 | トップページ | 我が家の樹下の二人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/70873629

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の夜の珍客:

« 山行 あこがれの樹下の二人へ 不老山西県境尾根その2 | トップページ | 我が家の樹下の二人 »