« GO GO EAST 2017 | トップページ | ツボにはまる生き物たち »

2017年6月 8日 (木)

山行 90分で花に富士にシカも 金時山

 天城山のシャクナゲが今年は10年に1度の当たり年だという新聞記事を目にしました。これは是非見ておきたいと思いかみに交渉したところ、無下もなく却下されてしまいました。最近、家事の手伝いを少し手を抜いていたからでしょうか?

Dsc09665 猪鼻砦からの金時山

 6月4日(日)、朝駆けしてやって来たのは静岡県境の足柄峠です。朝寝坊のかみが寝ている間に朝の散歩を楽しんでやろうというわけです。久しぶりに足柄峠から金時山を往復します。

 6時過ぎに登山口である林道ゲートを歩き出しましたが、既に多くのハイカーが往来しています。既に下山してきている人たちは夜明けとともに歩き出しているのでしょう。「昨日は見なかったな」とか「今日は遅せえな」と挨拶を交わしている人たちは、毎日金時山に登っている人たちでしょう。

Dsc09661 ヤマアジサイ

Dsc09720 ヤブウツギ

Dsc09668 ハコネウツギ

Dsc09678_2 マルバウツギ

Dsc09687 ツクバネウツギ

Dsc09698 ヤマツツジ

 林道沿いにはヤマツツジやウツギの類が目立っていました。ウツギというのはアジサイ科の低木で、茎が中空になっていることから「空木」と名付けられたそうです。ヤブ、マルバ、ツクバネ、ハコネと多種のウツギが咲いて、初夏の到来を告げていました。

Dsc09676 シロヤシオの花は既に終わり

Dsc09680 五葉が茂ります。

 神奈川県下でシロヤシオことゴヨウツツジが自生しているのは、丹沢の主稜線以外は金時山のみです。既に木には五葉が繁って花は全て落花していました。

Dsc09702 ホタルカズラ

Dsc09697 ハンショウヅル

Dsc09717 ツチアケビの新芽

Dsc09708 誰かが植えたアヤメ

 道端には小さな花を見ることができました。どれも小さく地味なものが多かったのですが、異様に目立っていたのは猪鼻砦付近に咲いていたアヤメの花です。近くで腰を下ろしていたご婦人は「これ誰かが植えたんでしょ。引っこ抜いちゃおうかしら」とお怒りでした。確かに植生のバランスを壊すものでしょうけど、こうも美しく咲いているのを抜くのも惜しい気がしますね。

Dsc09709 林道で出会ったシカ

 林道歩きでシカに出会いました。箱根でシカに出会うのは珍しいですね。それにしても、これだけ人の往来が多い道のすぐ近くにも動物が生活しているんですね。

Dsc09675 頭を雲の上に出し

 金時山は富士山の好展望地として多くのハイカーを集める山ですが、富士も箱根も雲がかかりやすい山です。この日も山腹から雲から突き出した富士山頂を一瞬認めただけでした。これはこれで富士山らしい高度感がありますよね。

Dsc09692 おや、あれはなんでしょう?

 山頂直下を振り返ると丹沢の山並みを望むことができます。その中で不思議なものを見つけました。

Dsc09673 ホウの花です。

 樹上に咲いた一輪の花は、白くかなりの大輪です。この花はホウの木に咲く花です。ホウの大きな葉には殺菌作用があって、ホウ葉味噌焼きなど古くから料理に使用されてきた身近な植物ですが、この白く大きなホウの花を見る機会は余りないでしょう。

Dsc09682 山頂から箱根の展望

 往復90分のお散歩程度の山行でしたが、お花いっぱい盛りだくさんでした。

« GO GO EAST 2017 | トップページ | ツボにはまる生き物たち »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/70776711

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 90分で花に富士にシカも 金時山:

« GO GO EAST 2017 | トップページ | ツボにはまる生き物たち »