« 山行 シャクナゲ咲く標高2千の散歩道 甲武信ヶ岳~雁坂峠縦走その4 | トップページ | 蓮の開花が進んでいます。 »

2017年7月 5日 (水)

「さ」のつく奴らが邪魔をする

 7月になっていきなり暑くなりましたよね。7月2日(日)、久しぶりにアジ釣りに行ってきました。今年になって、1ヶ月に1度の頻度だった釣行が2ヶ月に1度も行けてない状況。ホリデーバランスが山山山笑海笑くらいになっているので山笑海笑に戻したいところです。

Img_5501 海開き当日です。

Img_5504 新設された津波避難塔タワー

 やって来ました湘南・大磯。とはいえ家から大磯港まで車でたったの10分です(笑)今回は単独釣行だったし、平塚の船宿は休日アジ釣船を出していないので大磯という選択になりました。早く着きすぎて出船時間までの時間を持て余してしまったので、海水浴場や港内を闊歩しました。早朝の5時半にもかかわらずサーフィンを楽しむ人や港内には所狭しと竿が並んでいました。見ているとイワシが数釣れているようです。

Img_5507 恒丸の大型船

 アジ釣り船宿の恒丸にエントリーして7時前に出船。船は西…いや東に向かいます。瀬の海(二宮沖)ではないんだ。天気は梅雨空から回復模様とのことでしたがドンヨリ雲が空を覆って時折雨も落ちてきました。遠くに富士山が良く見えていました。前日の1日が富士山の山開きでしたから、シーズン初の週末に多くの人が登っていることでしょう。海も山も本格的なレジャーシーズンの到来です。

Img_5517 山頂からのご来光はアウトだったようです。

Img_5519 江ノ島近し

 やって来たのは江ノ島が近い茅ヶ崎沖の推進100mほどのポイントです。船頭はアンカーを打ちました。タナは底から3m立ちです。スタート1投目から小気味の良いアジの当たりがありました。その後、タナを合わせるとアジが当たる入れ食い状態です。この分だとお昼までに50くらいは釣れそうです♪

Img_5524 食べ頃サイズ♪

 ところがそう簡単に行かないのが相模湾のアジ釣りです。アジの活性が良い状況下では他の魚も活性が良くなるのでしょう。その代表選手がサバです。タナが少し上にズレただけで竿を上下に揺らすサバの当たりがあります。また、アジが掛かって巻き上げる途中で空バリにサバが掛かってきます。取り込むまでにサバが大暴れして、せっかく釣れたアジを落としてしまうことも。更にはアジの当ったはずなのに巻き上げてみるサバが銀鱗をひるがえすことも。途中でアジがバレて代わりに中層のサバが掛かったってことです。仕舞いにはコマセをビシにつめる際に溢れたコマセにサバが寄ってくる始末。水面直下を縦横に泳ぎ回っています。

 この日、アジ釣りの邪魔をしたのはサバだけではありません。アジが当たって巻き上げようとすると強烈な引き込みがあって、いとも簡単に仕掛けを引きちぎられます。サバよりも更にタチの悪いサメの登場です。サメたちも心得たもので、自分で魚を捕食するよりも仕掛けに掛かって自由を失ったアジ、サバを狙ってくるのです。「これ見てみー!」と後ろのほろ酔い加減の常連さんが見せてくれたのは、見事に下半分を食いちぎられた哀れな姿のサバでした。お祭りとサメの食いちぎりで仕掛けがどんどん損耗していきました。

 更に悪い状況は続くもので、何処からともなく悪い気が漂い始め気分が悪くなってきました。初めのうちは天を仰いだりお茶を飲んだりして凌いでしましたが、お祭りを解いたり水面を泳ぐサバの大群を見ているうちに遂にOGEGE~~~!ここ10年、船上で多少は船酔いしても吐いたことはなかった海笑ですが、この邪悪な気には勝てませんでした。この邪悪な気の正体ですが、サバ、サメときてやはり「さ」のつく特定の人物から発せられた調伏だと考えています。その人物こそ、日頃から山行、釣行に難色を示す我が家の邪神に違いありません。

Img_5527 平塚沖に移動

 さて、この悪条件をさすがに見かねた船頭。後半戦はアンカーを上げて平塚沖に移動しました。このポイントでもアジは当たり続け、サバの妨害がそれほどでもなかったせいか釣果が伸び始めました。2本鈎に2尾のアジが一家で釣れることも何度かあったので、終わってみると30尾のアジがクーラーに収まっていました。GEGEした後は気分も回復して食べるものも食べ、最終的には船上で竿頭になっていました。私も捨てたものではないでしょう。

Img_5529 良いアジがまとまりました。

 アジ30尾と外道で特大サイズのサバが2尾、大きいウルメイワシが2尾釣れて、終わってみればまずまずの釣果となりました。

Img_5530 釜揚げシラスの天日干し

 沖上がり後、港でしらすを買って帰りました。久しぶりの釣行はお土産いっぱいになりました。

« 山行 シャクナゲ咲く標高2千の散歩道 甲武信ヶ岳~雁坂峠縦走その4 | トップページ | 蓮の開花が進んでいます。 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
船酔いしても30は釣るという、さすがは名人。
今度ビシアジ、LT五目等ご一緒しましょう!
(でも暑いときはやめようね)

名人は船酔いしません(笑)
最近、体力の衰えを感じますね(汗)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/71041461

この記事へのトラックバック一覧です: 「さ」のつく奴らが邪魔をする:

« 山行 シャクナゲ咲く標高2千の散歩道 甲武信ヶ岳~雁坂峠縦走その4 | トップページ | 蓮の開花が進んでいます。 »