« 山行 天下の剣で六根清浄 富士山その1 | トップページ | 山行 居候くんは富士山よりも魅力的? 富士山その3(宝永山) »

2017年9月 5日 (火)

山行 空前絶後の暴風に遭遇 富士山その2

 富士山の上でおにぎりをパックン、パックン、パックンと…3口ほどで平らげまして、時計回りにお鉢巡りに出発です。山頂噴火口のへりにある浅間大社奥社から最高峰の剣ヶ峰は目前です。先ずは剣ヶ峰を目指します。

Dsc01511 剣ヶ峰近し

 奥社から剣ヶ峰へは砂礫の急坂を登るだけなのですが、この急坂がくせ者で、砂礫で足を取られるばかりでなく、空気が薄くてすぐに息が切れてしまいます。さらに追い打ちをかけたのが予想通りの突風です。西から東への突風で対向してくる人や前を歩く人が巻き上げた砂が容赦なく降りかかります。

Img_6156 ハイッ!日本最高所剣ヶ峰です。

 旧富士山測候所の建物が残る剣ヶ峰(3776m)に到達しました。富士登山は通算6回目ですが、剣ヶ峰に立つのは2回目です。悪天候やら疲労やらで山頂部まで達してもお鉢巡はしないで下山していたので、ここに立つのは一番近い富士宮ルートを歩いたときくらいです。シーズン中は写真撮影の順番待ちになることも多いらしいですが、この日は空いていました。

Img_6158 強風にガスガスで最悪のお鉢巡り

Dsc01518 吉田ルート山頂久須志神社

 もの凄い強風とガスが立ち込める最悪のコンディションでしたが、とりあえず余力があったのでお鉢巡りをしてきました。富士山の山頂噴火口は直径約780m。この噴火口の縁を周るお鉢巡りは1周2.4kmで、所要時間は1時間半ほどです。富士信仰の倣いによれば時計回りに周るのが常道だそうです。山頂火口壁には、剣ヶ峰ほ他にも白山岳(釈迦如来)、久須志岳(薬師如来)、朝日岳(大日如来)、伊豆岳(阿弥陀如来)、成就岳(勢至菩薩)、三島岳(文殊菩薩)などのピークがあって、個々が仏になぞらえているので、お鉢巡りは信仰上非常にご利益のあるものと信じられてきました。でも霧状の雨と強風でどれが何だかさっぱり分かりません。手を合わせるどころか、体感温度はみるみるうちに下がって、グローブをしていなかった素手は真冬の雨に濡れたようにかじかんでしまいました。

Dsc01523 空前絶後の突風に遭遇!
 吉田口の山頂部である久須志神社前はかなり賑っていましたが、そこを通過して東から南側に向けて歩いた頃は、台風並み…いや、それ以上のとんでもない向かい風が吹き付けてきました。ジャスティス!空前絶後の向かい風だぁ~~~!大声でわめいても自分の耳にすら届きません。富士山は1年のうち300日以上が風速10m以上の強風を記録するそうです。昭和41年の台風通過時には、日本の観測史上最大の瞬間最大風速91mを記録したそうです。対向してきた人が風速40mあると言っていましたが、本当でしょうか。でも今までに体験したことのないレベルの強風であることに間違いありません。バランスを崩せば斜面を転げ落ちることでしょう。

Img_6160 御殿場ルートを下ります。

 下山ルートは御殿場ルートです。七合目から砂走りに入って、馬の背から宝永山を経由して富士宮口に下山する逆プリンスルートです。御殿場ルートを下り始めるとすぐに雲が晴れて、眼下に雲海が広がっていました。いやぁ~実に雄大な眺めです。富士山登山の真骨頂はご来光と雲海の展望ですよ。

Dsc01535 八合から七合目にかけての山小屋

Dsc01539 気持ちの良い布団干し

Img_6168 雲海には日の丸がよく似合う

 御殿場ルートでは、七合目からの下りは砂走りとなります。江戸時代中期、宝永4年(1707年)12月に発生した富士山最後の噴火により富士山の東側には今日まで大量の火山灰が堆積しています。火山灰の堆積した下山ルートは足への衝撃が少ないので、ダイナミックに駆け下ることができるのです。しかし、天気の良い日は砂埃がたって頭から足の先まで全身埃まみれになってしまいます。前後に人が居るときなんかは先行者が立てた砂塵を避けつつ、後続には結構気を遣ってしまいます。そんな細かいことにこだわらず走ったもん勝ちのルートなんですけどね。こんな場所でも性格が出るなぁ…

Dsc01541 見返り富士

Dsc01549 七合目から砂走りで宝永山へ
 オッサンも年を忘れて駆け下ります。向かう先には六合目の先に立つ宝永山です。(つづく)

« 山行 天下の剣で六根清浄 富士山その1 | トップページ | 山行 居候くんは富士山よりも魅力的? 富士山その3(宝永山) »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

剣ヶ峰まで行ったのね。俺も登った時に行きたかったなぁ・・・。

剣ヶ峰へは富士宮口が一番よ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/71615271

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 空前絶後の暴風に遭遇 富士山その2:

« 山行 天下の剣で六根清浄 富士山その1 | トップページ | 山行 居候くんは富士山よりも魅力的? 富士山その3(宝永山) »