« 山行 天高く白馬栄える晩秋の奥高尾 高尾・陣馬縦走その3 | トップページ | 秋虫たちを送る »

2017年12月 7日 (木)

温泉亀の季節

 毎日寒い日が続くようになりました。南国生まれの我が家のリクガメたちにとっては厳しい季節です。冬の間は室内の水槽の中で過ごしますが、それでも変温動物のカメにとっては厳しい環境です。室内に暖房が炊かれている時間帯は良いですが、夜半から朝まではヒーターを入れてあげなくてはいけません。

Img_6865 お日様が恋しい…

 日中は窓辺の水槽に日が入るのでヒーターは必要ありません。アカアシガメのゴクリン(最近やっと命名)もお日様が恋しそうに外を眺めています。

Img_6862 冬は白菜!

 鍋物が美味しい季節。我が家の台所には白菜が欠かせません。夏の間はトマトやキュウリが主食だったリクカメですが、今は白菜とリンゴが主食です。でも食べた分だけ下から出すので、狭い水槽の中は不衛生になりがちです。

Img_6857 ふぅ~♪沁みるねぇ~

 ウ〇コがあってもお構いなしで踏んづけて(糞付けて)歩くカメを見ると、かみはイライラを募らせます。挙句の果てには、「山に行く暇があったらカメの水槽を掃除しろ!」と飛んできます。ゴムのバケツにお湯をはってカメの温浴タイムです。気持ちよさそうに湯に浸かるカメ。余りに気持ちよすぎてお湯の中で放尿や脱糞したりしますが、これこそが温浴の狙いです。長野県山ノ内町の地獄谷温泉では、雪の中温泉に浸かる「スノーモンキー」こと温泉猿が有名ですが、我が家では温泉亀に癒されています。

« 山行 天高く白馬栄える晩秋の奥高尾 高尾・陣馬縦走その3 | トップページ | 秋虫たちを送る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/72394306

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉亀の季節:

« 山行 天高く白馬栄える晩秋の奥高尾 高尾・陣馬縦走その3 | トップページ | 秋虫たちを送る »