« 山行 ブナの森を静々と 塔ノ岳・鍋割山稜その2 | トップページ | 子パンダ解禁 »

2017年12月17日 (日)

山笑の酒場訪問記

 酒場という聖地へ酒を求め、肴を求めてさまよう…どうも山笑です。今日は初台にやってきました。初台という場所ですが、はっきり申しまして私にとって縁もゆかりもございません。仕事でちょくちょく訪れる東京都庁の先に新宿中央公園がありますが、更にそのすぐ先が初台です。でも、ここは新宿区ではなく渋谷区なんですね。いやぁ、山手線に慣れ親しんでいる人間には「渋谷は新宿の南」という固定観念がありますが、ここ初台は「新宿の西」であります。南北に長い渋谷区の一番北に位置している初台と新宿区の一番南にある新宿駅や都庁。…まあそういう位置関係です(笑)その初台には何があるかといいますと、先ずは幡ヶ谷不動尊です。幡ヶ谷にあるのかと思ったら初台にありました。それと新国立劇場。地下にある京王帝都初台駅から地上に出ると先ずこの建物が存在感を示していますが、う~む、観劇の趣味がないからノーコメントです。

 今回、私はこの初台にある一軒の居酒屋を訪ねて参りました。飲酒は職場や友人との付き合いの限り、かみが晩酌していてもその横で煎餅を食べながら喫茶するような山笑です。一人酒なんてらしくないのですが、山で出会った一輪の花とでもいいましょうか、山女子が切り盛りしているという居酒屋なのです。だから居酒屋放浪記というよりは訪問記であります。

 話は遡ること半年前の夏至の頃。名物のシャクナゲが咲く甲武信ヶ岳から雁坂嶺を歩いて(参照:http://yama-umi.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-b22b.html)、夕方、西沢渓谷に下山したとき、道路を歩く女性ハイカーに気づき、「バスに乗り遅れったのな?」と直感して軍馬で中央線沿線まで送ったんです。山では一日一善、勧善懲悪、お父さんお母さんを大切にしよう(ちなみに山に行く前は臥薪嘗胆、欲しがりません登るまでは)の山笑ですから(謎)、困った人は捨て置けません。(でも一人で運転して帰るよりは山女子とお話したかったのも正直あり)聞けば甲武信ヶ岳でテン泊する予定が翌日天気が悪くなりそうなので下山してきたとのこと。よって、西沢渓谷から塩山駅まで(22kmほど)歩くのは盛り込み済みだったとか。こりゃあとんだ猛者だわい。山好き同士、車内では話が弾んで塩山が勝沼、勝沼が甲斐大和まで来ました。本当なら高尾くらいまでは送ってあげたかったんですけど、中央道から圏央道に入る都合で(それにかみの見えざる魔手を感じたので)甲斐大和の駅で別れました。

 その後、都庁に行く度に寄ろう寄ろうと思いつつ、気が付けば冬至が近い頃になってしまいました。

Img_6920 晩酌処てんてんてん初台店

 さて、前置きが長くなりましたが、幡ヶ谷不動商店街の一角にある晩酌処てんてんてん初台店です。(参照:http://tententen.sakura.ne.jp/hatsudai/)暖簾をくぐるとカウンター席を中心に10席余の小ぢんまりしたお店です。例の彼女と男子店員さんが1人。「いやぁ~久しぶり!」とフランクな斬込みを掛けて「え?誰だっけ」の返しが怖かったので、「予約してないんですけど食事できますか?」と白々しく。

Img_6917 左陣にはカンパチ

Img_6918 右陣にはおでん

 てんてんてんは全国の純米カップ酒を飲めるお店です。カップ酒という手軽さもあって酒好きには良さそうですけど、日本酒はちと弱い山笑。初心者向けのお酒を頼むとにごり酒「川中島」が登場しました。その名のとおり長野市川中島のお酒です。川中島合戦図屏風の信玄、謙信一騎打ちがラベルになっています。上杉謙信のように塩を肴に日本酒をクイクイ…とはいかないので、カンパチ刺とおでんを頼みました。大根と玉子、それに汁がたっぷりしみた車麩は鉄板ですが、これ川中島の上杉軍の車懸かりの陣にかけてるのよ。

 ほろ酔い加減になると話し相手が欲しくなります。でも、他のお客さんもやってきてスタッフは忙しそうなので、ちょっと遠慮してニンマリと心の中で…

吟じます!

鞭声粛々夜河を渡る 暁に見る千兵の大牙を擁するを 遺恨十年一剣を磨き 流星光底長蛇を逸す

 当にラベルの謙信、信玄相討つ場面を唄った「不識庵(謙信)機山(信玄)を撃つの図」は江戸時代の儒学者頼山陽が川中島八幡原の決戦を唄った名作ですね。

Img_6919 日本酒は続かず…

 気持ちよくなってきて、ついつい半年前の話をふると「あー逆ヒッチハイクのおっちゃん」と覚えていてくれて、おまけに歴史や鉄道が好きだとか釣りをすることまで覚えていてくれたんです。山笑カ・ンゲ・キ♪すっかりテンションも高まって隣席の人たちも巻き込んでしまいました。優しい人たちで良かったです(笑)

 2杯目にビール、3杯目からは梅酒をいただきました。全国の銘柄を前に修行が足りませんね。でもここは料理も美味しかったですよ。刺身とおでんのお次は下仁田ネギのヌタと牡蠣グラタンをいただきました。どちらも美味也♪

Img_6921 クリスマスの装い

 思い出もお腹も満たされたので小煩いオッさんは退散しましょう。クリスマス装飾の京王帝都バスで新宿へ。また来ますね。それと、山でもお会いしましょう。

追伸 にごり酒 川中島は 雪田かな (山笑)

« 山行 ブナの森を静々と 塔ノ岳・鍋割山稜その2 | トップページ | 子パンダ解禁 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めまして

それは吉田類さんの酒場放浪記、いえ訪問記山笑さん編!?
お店を後にしたら一句詠んでくださいませpencilhappy01

いや~、どれもおいしそう!!
カンパチ、おでん、下仁田葱と牡蠣のグランタンshine
ご常連さんとも和気あいあい♪
私は日本酒は飲みませんが、このメニューならば芋焼酎かしらlovely

ご笑覧ありがとうございます。
それでは…吟じます!

もとい。一句
にごり酒 川中島は 雪田かな (山笑)

追伸 焼酎も飲めるそうです。
焼酎でもよかったなぁ…次回いただきましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/72469160

この記事へのトラックバック一覧です: 山笑の酒場訪問記:

« 山行 ブナの森を静々と 塔ノ岳・鍋割山稜その2 | トップページ | 子パンダ解禁 »