« 平成30年が明けました。 | トップページ | 山行 美しい氷の世界に潜む殺意 雲取山その4 »

2018年1月 2日 (火)

山行 石尾根で楽しい山座同定 雲取山その3

 既に去年の話となりましたが、12月28日の雲取山山行のその後です。

 腹ごしらえを済ませて13時に下山開始です。下山は石尾根をのんびり下って、七ツ石山の手前ブナ坂に向かいます。そこから唐松谷を経由して日原に戻る周回ルートです。

Dsc02936 大菩薩連嶺と富士山(南方向)

 雲取山から七ツ石山~鷹ノ巣山~六ツ石山などのピークを縦走して奥多摩駅に下る石尾根は、雲取山のメインストリートです。多くのハイカーが往来していますが、ほとんどは鴨沢から七ツ石山を経て雲取山まで往復する人でしょう。この時間で上ってくる人は、泊付き山行なのでしょう。羨ますぃ~!

 好展望の石尾根では、大好物の山座同定を思いきり楽しみましたよ。

Dsc02933 西側には奥秩父の山並み

 西面には奥秩父主脈縦走の峰々が連なります。国師ヶ岳の先には盟主金峰山や瑞牆山がありますが、延々と歩いて奥多摩駅まで縦走する猛者もいるそうです。そんな山旅がしてみたい。

Dsc02919 南西に飛龍山と南アルプス

 雲取山山頂から南東に延びる石尾根。この季節は、南面の陽当りの良い尾根道を見ただけで歩いてみたくなりますよ。

Dsc02924 石尾根と東の展望

 東側には、酉谷山~三ツドッケ~蕎麦粒山~川苔山~本仁田山と、石尾根の北に平行する長沢背稜の峰々、その遠くには東京都心や筑波山まで見えていました。

Dsc02922
 石尾根を挟んで南東側には、大岳山~御前山~三頭山の奥多摩三山、その先に高尾山~景信山~生藤山~笹尾根が、更には我らが丹沢の山並みが並んでいました。

Dsc02943 今夜だけでもシンデレラボーイ Do you wanna dance tonight♪

 七ツ石山が大きくなって、石尾根の有名人ダンシング・ツリーが登場したらブナ坂はもうすぐです。(つづく)

« 平成30年が明けました。 | トップページ | 山行 美しい氷の世界に潜む殺意 雲取山その4 »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/72597274

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 石尾根で楽しい山座同定 雲取山その3:

« 平成30年が明けました。 | トップページ | 山行 美しい氷の世界に潜む殺意 雲取山その4 »