« 山行 懐かしさに誘われて裏山歩き 大磯・鷹取山その1 | トップページ | 1月21日 吾妻山の菜の花その4 »

2018年1月22日 (月)

山行 兎死に小鮒絶えし故郷 大磯・鷹取山その2

 大磯の奥座敷。ゴルフ場のへりを回り込むような道を歩いていくと鷹取神社が鎮座する大磯の最高峰鷹取山(219m)に到達します。ずっと鷹取神社が最高峰かと思っていましたが、その手前、照葉樹林の中に小高くなっている場所を見つけましたので、ひょっとしてこちらが山頂かと思って踏み込んでみると、案の定、三等三角点を見つけました。

Dsc03295 鷹取山山頂

 誰もいない静かな山頂ですが、さっきから誰かに見られているような視線を感じるのです。キョロキョロと周囲を見回してみると…

Dsc03293 ゲッ!ち、ちみ、どうしたんだね?

 野ウサギの哀れな骸が木に吊るされていました。鷹取山だけに猛禽類も生息しているとは思いますが、それにしちゃあ骸がきれいすぎます。殺されて人為的にここに吊るされたんでしょう。それにしても酷いことをする輩がいるんだな。

Dsc03297 鷹取神社

 山頂の目と鼻の先、鬱蒼とした照葉樹の大木に囲まれたところに鷹取神社の社殿があります。社殿の裏手に軽トラが1台停まっていて、オジさんが一人立っていました。こんなところで何をしているんだろう?何か臭うな…

Dsc03299 砲弾が奉納されていました。

 社殿に長男の合格祈願をしていると、いつの間にかオジさんの姿が消えていました。う~む。何か臭うな…プリッ♫…俺か!?

Dsc03303 山頂部は豊かな照葉樹林です。

Dsc03310 アオキの実

 鷹取神社から南面の急な山道を下っていきます。この山道が鷹取神社の表参道で、車道は裏道になります。照葉樹の森は真冬でも野鳥の鳴き声が賑やかですが、それに混じって犬の鳴き声が気になります。や、野犬じゃねえよなぁ…

Dsc03304 わっ!出た!

 突然、茂みの中から数匹のビーグル犬が飛び出してきました。目前の肥えたオヤジを猪や野豚と見間違いはしなかったようで山頂の方へ登って行きました。野犬じゃなくてホッと一安心です。ん?!コイツらの飼い主は山頂にいたオジさんに違いありません。きっと野ウサギを殺したのもコイツらの仕業に違いありません。狩ったのならば、ちゃんとウサギ汁にでもして食べてあげるのが供養ってもんですよ。って、余計なお世話か。山道を下る足取りも自然と速くなりました。

Dsc03306 湘南平が見えました。

 山頂から20分もあるくと生沢(いくさわ)地区の一角に下りてきました。生沢の山野は私が生まれ育った人生の原点ともいうべき場所です。その中でもとりわけ思い入れのある場所が東の池です。周囲5百メートルほどの農業用の小さな溜池ですが、網を打つとクチボソ、ヌマエビ、ザリガニが捕れ、ミミズを餌に糸を垂れると大きなフナが釣れました。半ドンだった土曜日は、学校から帰ると池に来て日が暮れるまで熱中したものです。

Dsc03322 生沢某所からの鷹取山

 しかし、近年は心無い人によって放流されたブラックバスやブルーギルが増えて、従来種のクチボソやヌマエビは絶滅したと聞きました。その一方で、水底の泥に蓮が群生して、初夏には池一面を蓮の葉が覆って見事な花を咲かせるのが話題になっていました。

 わ~い、わ~い東の池だ♪寄っていこう。ところが…

Dsc03316 ありゃ!水がないよ。

 東の池は水が干上がっていて、堆積した泥が無残に露出していました。池をひと回りしても小魚一匹いませんでした。見つけた生き物といえば外来生物ばかりです。

Dsc03317 ウシガエル

Dsc03319 アメリカザリガニ
 ウォ~~~!これはどうしたというんじゃ~!故郷といえば、「兎追いしかの山、小鮒釣りしかの川」とも唄われるものですが、今回故郷を歩いてみたら鷹取山では兎が死んでいるし、東の池では小鮒の姿はないし…呆然としながら帰宅の途につきました。

 でも、心配ご無用。後日調べてみると、この日の翌日(1月17日)、神奈川県や大磯町役場の職員によって、テレビなんかで人気の池の水をさらう「かいぼり」が行われたようです。何でも、名物だった蓮がここ3年で全滅してしまったため、泥を掘り起こして土質、水質を改善して蓮を復活させると共に外来生物を駆除する試みだそうです。(参照:http://www.kanaloco.jp/article/304753(カナロコ)、https://mainichi.jp/articles/20180118/k00/00m/040/021000c(毎日新聞))いやぁ、立ち会えなかったのが何とも残念でした。

Dsc03323 六所さん

 最後は大磯町民の心の拠り所、六所神社にこれまた長男の合格祈願と家族の健康祈願をして帰宅しました。

★コースタイム:4時間

自宅12:00→12:20吾妻山12:30→12:50東大農場→13:35池之神社12:40→14:10鷹取山・鷹取神社14:20

→14:45東の池15:00→(友人の墓参)→15:25六所神社15:30→16:00自宅

« 山行 懐かしさに誘われて裏山歩き 大磯・鷹取山その1 | トップページ | 1月21日 吾妻山の菜の花その4 »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

酷い輩がいるもんだねぇ。ウサギも浮かばれないよ。

所で、長男さんの進捗状況は如何ですか?
センター試験も終わったし。
もしかして、無事もミャムの後輩になったとか??

え、あー…
まあセンターの結果は2月に入ってからだね。
一般受験もあるし。
ミャム…棄てとけ!ちなみに中大は受けていません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/72745234

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 兎死に小鮒絶えし故郷 大磯・鷹取山その2:

« 山行 懐かしさに誘われて裏山歩き 大磯・鷹取山その1 | トップページ | 1月21日 吾妻山の菜の花その4 »