« レッド・ブルームーン&シルバームーン・レッドムーン | トップページ | 山行 鍋割山の雪景 鍋割山稜その1 »

2018年2月 9日 (金)

2月3日 吾妻山の菜の花その6(天然児編)

 2月2日は天然児の通院日でした。冬の間、冬眠の小熊のようにヒーターを焚いた部屋でグダグダユーチューバーだった天然児。案の定、先生から「足首の関節が固くなってきている。ストレッチも大切だが、もっと歩かせないとダメ」とダメ出しをされてしまいました。う~む。大変だけど頑張って歩かせるぞ!

Dsc03545 進撃の天然児
 翌3日。節分だったので、天然児の好きな鬼の登場する豆まき行事はないかと検索しましたが、豆まきはあっても鬼の登場する豆まきは近隣では無いようです。こうなったら吾妻山しかない!とタブレットを餌に釣り出してみると、これが以外にも急階段を登らせることに成功しました。もう何年も山には登っていないので、以前のスポ根シゴキ山歩きを忘れてしまったのでしょうか?

Dsc03549_2 樹林のユーチューバー

 ところが歩くにつれて、昔の記憶が蘇ったのかゴネるようになってきました。遂にはベンチに腰掛けて山のユーチューバーと化してしまいました。これではいかん!お尻を叩いて山頂を目指します。

Dsc03555 天然児、菜の花を天覧

 何とか山頂に立つことができました。満開の菜の花を見て彼なりに感動があったようです。それにしても、町内在住とはいえ、天然児が吾妻山山頂に立つのは5、6年ぶりでしょうか?鼻垂れで嘔吐もしていましたが、落ち着いてくると山頂の賑わいに…

Dsc03560 ニンマリ♪

Dsc03570 まだまだイケまっせ!

 1月下旬の降雪のせいか、一時期元気のなかった菜の花ですが、ここへ来て勢いを取り戻したようです。まだまだ賑わう吾妻山でした。

« レッド・ブルームーン&シルバームーン・レッドムーン | トップページ | 山行 鍋割山の雪景 鍋割山稜その1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/72882881

この記事へのトラックバック一覧です: 2月3日 吾妻山の菜の花その6(天然児編):

« レッド・ブルームーン&シルバームーン・レッドムーン | トップページ | 山行 鍋割山の雪景 鍋割山稜その1 »