« 山行 湘南随一の景勝地 湘南アルプス縦走その2 | トップページ | レッド・ブルームーン&シルバームーン・レッドムーン »

2018年2月 4日 (日)

山行 青春の峠、三猿、そして名爆 湘南アルプス縦走その3

 湘南平から西に下る尾根道を歩きます。ハイキングコースはすぐに北に向きを変えて平塚市万田地区に下っていきますが、尾根は更に西に延びているし、踏み跡もあるのでそのまま進みます。

Dsc03422 アオキなど低木が繁茂する道

 湘南平やその周辺の山は周囲を住宅地に囲まれているので、四方八方から非公式の小道が延びています。各集落の皆さん思い思いに私道を開拓してきたのでしょう。そんなひとつを歩いているのでしょう。クヌギなどの落葉樹林の明るい森ですが、所々笹やアオキが密生していて藪の中を歩くところもあります。

 そのうち小さな公園の裏手に下ってきました。赤坂第2遊園という表示がありましたが、どうやら大磯西小磯地区の奥の方へある住宅地の最上部に到達したようです。随分高台に住宅地があるものです。大磯も少し前までは随分高級なイメージがありましたから、こんな山の上まで宅地が切り開かれたんでしょう。

Img_7238 山中の静かな磯の池

 住宅地の中を一旦下って、少し平塚方面にいった山の中に小さな池があります。農業用の溜池、磯の池です。前回紹介した同じ町内の東の池ほどではありませんが、この磯の池も少年時代に糸を垂れた思い出の場所です。折からの寒さで池は全面結氷していましたが、その氷を割ってヘラブナを釣っている人が数人いました。「兄ちゃん、写真撮ってネットに出さないでくれよ!」突然釣り人の一人からそんな言が飛んできました。はい、はい。写真は出しませんけどね。釣り場を専有したいのか、自身が後ろめたいことをしているという自覚があるのか…真意ははかりかねますね。

Dsc03442 農道脇の石仏 Dsc03443 暴れん坊将軍の時代だ!

 更に丘陵地帯を北西方面に進んで平塚に入ります。山林と耕作地が広がるのどかな風景です。農道の脇には数多くの石仏や道祖神が点在していました。

Dsc03448 出縄の坂

 出縄という地区の峠を通過します。学生時代、平塚の高校にチャリで通っていた山笑。雨の日も風の日も。夏の炎天下、冬の厳寒期もチャリでこの峠を越えていったのです。ママチャリでこの急坂を越えることが大変なことですが、それが青春、若さでした。当時の私は、この峠の先に何を見たのでしょうか…今は長男がそんな年頃、少年よ大志を抱け!私はシャーボを贈ろう。

Dsc03464 ロウバイが咲いていました。

Dsc03450 キジもお散歩中

 吉沢集落に入って、県道大磯・相模原線を渡ったら再び山道に入り、鷹取山を越えて二宮に帰ります。その前に下吉沢集落で見た道祖神を紹介しておきましょう。

Dsc03458_2 阿修羅のような石仏 Dsc03461 碑面は読めませんが…

 これら二つの道祖神。そこに掘られていたのが…

Dsc03459 三猿だ! Dsc03462 こっちにも三猿

 日光東照宮で有名な三猿。こんな道祖神にも結構掘られているものです。他人の悪いことや自分にとって都合の悪いことは「見ざる、言わざる、聞かざる」という事勿れ主義の格言ですが、農家の人たちも毎日畑に向かう道すがらこの道祖神に手を合わせて心に言い聞かせたのでしょうか。我が国は将軍様(東照宮)から農民まで(道祖神)1億総事勿れ主義。かく申す、この私も磯の池の一件は「見ざる、言わざる、聞かざる」納得できねえ。

Dsc03465 湘南アルプスの山並みと湘南の海岸線

 さてさて、時間は15時を回って、天然児がデイから帰宅する時間まで1時間余りとなっていました。これから鷹取山山頂付近を越え、大磯の「山」地区を通過して二宮まで帰るんですから、早足…いや走って帰りましょう。下吉沢地区の松岩寺にも寄りたかったのですが、そんな時間はありません。お寺の裏手から山越えです。お寺の裏山には墓地やら耕作地が広がっていますが、江ノ島方面の海岸線と歩いてきた湘南アルプスの山並みがよく見えていました。桜の大木なんかもあったりして、春はお花見散策が楽しめそうです。

Dsc03469 丹沢とネギ!

 再び丘陵の稜線を歩いていきます。大磯や上平塚では、ネギを作っている農家が多いんですが、ネギいっぱいでした。あー腹減った!鍋食いてぇ~

Dsc03475 霧降の滝

 大磯鷹取山の裏手、宮下川の上流は別名霧降渓谷と呼ばれています。沢沿いの道を歩いて山を越えていくのですが、なかなか帰してくれない魅力がここにはあります。渓谷の取り付きにあるの霧降の滝です。落差12mの滝で、流れ落ちる飛沫が霧のように見えることからその名がついたそうです。折からの寒さで滝全体が結氷して美しい姿が見えました。ちなみに、霧降の滝は「平塚八景」にノミネートされています。

Dsc03479 いいね♪

 さあ、ここからはひたすら走って帰りましょう。久しぶりのオッさんトレイルランナー出現です。途中、良さそうな景色もありました。驚いて足元から飛び立つ山鳥もいました。1日のプレイが終わったゴルフ場の芝を慣らす人の姿もありました。一切脇目も振らずに銀河烈風バクシンガーです。帰宅はちょうどピッタリ16:30!我ながら驚く程の時間管理(って、最後走ったじゃん)。でも、道が空いていていつもより早帰りのデイの送迎車が家の前に。スイマセン。ゴメンナサイ。

★コースタイム:4時間30分

大磯駅12:00→12:15高来神社12:20→12:45高麗山→13:05湘南平13:35→14:10磯の池14:20→15:10吉沢集落→15:30霧降の滝→16:30自宅(二宮)

« 山行 湘南随一の景勝地 湘南アルプス縦走その2 | トップページ | レッド・ブルームーン&シルバームーン・レッドムーン »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/72826768

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 青春の峠、三猿、そして名爆 湘南アルプス縦走その3:

« 山行 湘南随一の景勝地 湘南アルプス縦走その2 | トップページ | レッド・ブルームーン&シルバームーン・レッドムーン »