« 山行 自然と歴史の山高麗山 湘南アルプス縦走その1 | トップページ | 山行 青春の峠、三猿、そして名爆 湘南アルプス縦走その3 »

2018年2月 1日 (木)

山行 湘南随一の景勝地 湘南アルプス縦走その2

 高麗山を後にして湘南アルプスの平坦な稜線を歩きます。広々とした尾根上は山上公園の様相です。南面の照葉樹林、北面の落葉樹林の他にヤブツバキの木が目立ちました。花は既に色あせて萎れ気味ですが、メジロなどのかわいい野鳥が花から花へ忙しく飛び回っていました。

Dsc03394 大樹の根元に宿るヤブツバキ

 1等水準点と小さなお社が置かれているのは浅間山です。浅間神社というのは全国に数多くありますが、信州の浅間山を信仰しているわけではなく、富士山の山神様である浅間大神を信仰するものです。

Dsc03416 湘南随一の景勝地湘南平

 浅間山から湘南平との鞍部に下ると大磯駅方面に通じる登山道が出合います。鞍部から登り返すとすぐに広々とした湘南平(181m)です。山上は学校のグラウンドのような広場になっていて、千畳敷の別称があります。戦時中はここに高射砲陣地が置かれて帝都空襲に向かうB29の編隊を攻撃したそうです。学生の頃、行きつけだった平塚の模型屋のオヤジさんが「B29の編隊は高すぎて、高麗山の高射砲の弾が届かなかったよ」と悔しそうに話してくれたのを思い出しました。

Dsc03401 東 平塚市街と湘南の海岸線

 湘南平は湘南随一の景勝地です。展望台に上れば360度遮るものがありません。東に平塚市街を見下ろし、その先に湘南の海岸線が延びています。江ノ島や茅ヶ崎沖の烏帽子岩もはっきり確認できました。

Dsc03418 南 大磯の町と相模湾

 南側は山裾が大磯の海岸線近くまで延びていて、海岸線には名物の松並木が続いています。緑の先には相模湾が広がっています。この日は水平線に伊豆大島と利島が見えていました。海青く緑豊かな大磯町です。

Dsc03417 西 大磯-渋沢丘陵の先に富士と箱根

 西から北にかけては丹沢山地から相模湾に下る大磯-渋沢丘陵が広がっています。その先に箱根連山と表丹沢の山並み、そして雪を頂いた富士山も見えていました。雪山は歩いて楽しむも良し。眺めて楽しむもまた良し。

Dsc034052_3

 湘南平の展望台の中にあるレストランは、ちょっとおしゃれなメニューのランチを楽しむことができます。せっかくのなので食べていこうと思いましたが…カップリングばかりだったので、ロンリーのオッサンは遠慮しておきました。でも、自宅までは先が長いので、何か食べておきたいところです。!展望台の売店で磯辺餅を買って食べました。これはこれで美味なり。

 腹ごしらえしたら早々に出発しましょう。(つづく)

« 山行 自然と歴史の山高麗山 湘南アルプス縦走その1 | トップページ | 山行 青春の峠、三猿、そして名爆 湘南アルプス縦走その3 »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/72819121

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 湘南随一の景勝地 湘南アルプス縦走その2:

« 山行 自然と歴史の山高麗山 湘南アルプス縦走その1 | トップページ | 山行 青春の峠、三猿、そして名爆 湘南アルプス縦走その3 »