« 3月30日 散るや上野の桜花 | トップページ | 山行 ミツマタに囲まれた甘いひと時 ミツバ岳 »

2018年4月 3日 (火)

軍馬南房総の花道をラストラン

 3月24日(土)、長男の高校卒業と大学進学祝いを口実に、我が家とババ、かみの両親を連れ立って南房総まで行ってきました。理系学部は忙しいという話なので、三世代揃って旅行できるのも最後になるかもしれません。

 実は、軍馬の車検満了日が3月20日という認識だったので、かみのKカーで行くつもりだったのですが、車内を片付けていたときに、ふとフロントガラスのステッカーを確認したら3月30日になっているではありませんか。車検証も同じ。一応ディーラーに確認してみたら、確かに登録日が平成13年3月21日だったので、自然に考えれば満了日は20日なのですが、整備か修理が長引いて車検がずれてしまった年があったのかもしれないとのこと。思いがけぬラストランになりました。

 思えば我が家にとって南房総は、子供が幼い頃に毎年海水浴に訪れていましたし、長男が成長して乗ってこなくなった後も、天然児の聖地カモシーに通った思い出たっぷりの場所です。海笑の釣行も含めれば、軍馬が東京湾を渡ったのは50回近くに達しています。勘違いの10日間で、偶然にも軍馬のラストランを房総ドライブ旅行という花道で飾ってあげることができました。

Dsc04184 南房総市の菜の花畑

 南房総市、館山市、鴨川市辺りを周遊しましたが、南国安房は花盛り。地元二宮でもおなじみの菜の花は、車窓から見える田園風景の至るところに咲いていました。

Dsc04229 水仙も最後の見せ場

 南房総市富山、岩井付近は水仙の名所として知られています。4年前にババ、天然児と登った富山を思い出しました。(参照:http://yama-umi.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-4fa1.html)ちなみにババは、このときの記憶を全く喪失していました。

Dsc04251 温室のポピー

 更に下って洲崎や白浜あたりでは沿道をポピーの花が賑やかに飾っていました。ポピーってパンジーくらいの大きさかと思っていましたが、それよりもひと回り大きくて、原色が眩しい実に印象深い花です。

Img_7502 百花繚乱 Img_7504 名も知らぬ花も

 その他、立ち寄った道の駅などでは、花壇に珍しい花がきれいに植えられていました。

Dsc04192 鈴生りのいちご

 富浦のいちご園では、いちご狩りを楽しみました。南房総のいちご狩りは元旦を皮切りにゴールデンウィーク辺りまで楽しめるそうです。最近の品種改良された名産地のいちごには劣りますが、甘酸っぱい春の味を堪能しました。

Dsc04225 館山城の桜
 南房総随一の桜の名所が館山城公園です。ちょうど東京の満開宣言が出たところだったので、早起きして偵察に行ったのですが、山裾の桜は八分咲きで見頃でした。天守閣がある山上は未だつぼみが多くて、ちょうど1週間後の今頃が見頃だったのではないでしょうか。ただ残念だったのは、日中家族で訪れた時はお花見客でかなり渋滞していて、かなり遠くの臨時駐車場に誘導されてしまい、見物を諦めざるを得ませんでした。歩行困難者乗車証明証を出していたんですけどね。

Dsc04296 天然児と別れを交わす軍馬

 帰路、アクアラインの渋滞を前に農園の駐車場で休憩をとりました。家族皆が軍馬を囲んでの最後のひと時。南房総を飾る花のように原色の輝きを放つその姿からは、あとわずかで解体される運命が待っていようとは夢のように思われてなりません。軍馬17年目の春、その有終の美を飾る旅でした。現在軍馬ロスの山笑です。

« 3月30日 散るや上野の桜花 | トップページ | 山行 ミツマタに囲まれた甘いひと時 ミツバ岳 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

軍馬お疲れ様でした。
思えばBGの時からだからかれこれ15年近くになるか??

次の車は何ですかね?
次の車にも愛情注いであげてください。

17年乗りました。
20年までいけると思ったのですが・・・残念。

次ですか?
しばらくはかみのKカー生活です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/73228272

この記事へのトラックバック一覧です: 軍馬南房総の花道をラストラン:

« 3月30日 散るや上野の桜花 | トップページ | 山行 ミツマタに囲まれた甘いひと時 ミツバ岳 »