« 県下随一の桜の名木 長興山のしだれ桜 | トップページ | 山行 日本一の八重桜の里をちょい歩き 頭高山 »

2018年4月 8日 (日)

花の都の東御苑

 4月7日(土)、長男の大学入学式に出席するため日本武道館にやってきました。首都圏のマンモス校は日本武道館で入学式をやるんですからすごいものです。それも学部別に午前と午後に別れるそうです。入学式に出席する新入生と親族の行列は、九段下の駅から続いていました。

Img_7679 各々方登城でござる!

 長男の関係するセレモニーは決まって雨(逆に天然児は晴)というのが定説で、今回も天予報では雨の予報だったのですが、直前で雨は回避され、当日は雲が多いものの晴れの天気でした。武道館のある北の丸公園といえば、千鳥ケ淵や靖国神社なども桜の名所も近いのですが、既に東京の桜は何処へやら。すっかり葉桜になっております。

Dsc04463 オメデトサン
 式は滞りなく、厳かに終了しました。でも、規模が大きいもののちょっと有り難みに欠けると思ったのは私だけでしょうか?マンモス校だから仕方ないのでしょうけど。

Dsc04479 各々方登城でござる!その2

 式典終了後、靖国神社にでも参拝してかみを教化しようと思ったのですが、入学式出席者は動線の規制があって、入ってきた靖国神社側の田安門からは出れないとのこと。仕方ないので、皇居の東御苑を見物しながら東京駅まで歩くことにしました。

 東御苑は旧江戸城の本丸があった場所です。さすが皇居だけあって、入場する者に対しての手荷物検査がありました。あ、あのぅ~手荷物よりもこの人(かみ)そのものが危険なんですけど…と、喉まで出ていました。

Dsc04486 巨大な天守台

Dsc04482 見事な加工、そして積み上げ

 北桔橋門から東御苑に入ると目の前に巨大な石で組み上げられた石垣が登場します。今では天守閣がありませんが、ここが江戸城の本丸天守台です。慶長11年(1607年)に徳川政権の象徴として、当時また存在した豊臣家の大坂城を凌ぐ規模で完成した天守閣でしたが、1657年に江戸の街の大半を焼き尽くした明暦の大火で焼失。以降、天守閣は再建されることはなかったそうです。この天守台をはじめ、江戸城普請で使用された巨大な石材の多くが、小田原や伊豆周辺で切り出されて船積みで運ばれたそうです。

Dsc04485 天守台から望む大手町

 東御苑の樹木は新緑が眩しく、庭園内にはツツジやシャクナゲなどの花が早くも見頃を迎えていました。それにしても今年は花が早いなぁ~

Dsc04487 ミツバツツジとシャクナゲ

Img_7696 早くも花盛りのシャクナゲ

 都心で思いがけない花見を楽しめました。

« 県下随一の桜の名木 長興山のしだれ桜 | トップページ | 山行 日本一の八重桜の里をちょい歩き 頭高山 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

長男さんの大学進学、おめでとさん♪
実家から通うのも大変そうだが、まぁ、お父さんが毎日そうしてるもんねw

あざす。
入学直後から忙しそうですが、よく学び、よく遊び、友人と大いに語らい視野を広げて欲しいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/73263303

この記事へのトラックバック一覧です: 花の都の東御苑:

« 県下随一の桜の名木 長興山のしだれ桜 | トップページ | 山行 日本一の八重桜の里をちょい歩き 頭高山 »