« 根津神社のつつじ 4月20日 | トップページ | 山行 モモクラクローバーZ! 百蔵山・扇山その2 »

2018年4月24日 (火)

山行 三匹が四匹になったら鬼退治?! 百蔵山・扇山その1

 4月22日(日)、久しぶりにオヤジ仲間が集まって山行をすることになりました。町田のMさん、横浜のYさん、山笑の三匹に今回新たに江戸川区のEさんを加えて四匹にパワーアップ!?Eさんも昔山笑の職場の同僚でしたが、Mさん、Yさん同様に身の振り方を考えた方です。さて、どんな山旅になったのでしょうか。

Dsc04545 猿橋駅から百蔵山(左)と扇山(右)

 軍馬ロスの山笑。山行に車が使えなくなったので今回は電車で登山口に向かいます。4時42分二宮発の始発に乗り、茅ヶ崎~橋本~八王子~高尾と乗り継いで、やって来たのは中央線の猿橋駅です。7時5分には山梨県東部に着いてしまうんですからたっぷりと山行が楽しめますよ。車がなければ奥多摩や山梨の日帰り山行なんてとても無理だと思っていた山笑。目から鱗が落ちる思いでした。

Dsc04549 211系。その節は東海道でもお世話になりました。

 1本後の電車で3人も到着。今回、第4の男の登場は前の二人には伏せていたので、驚きと喜びの再開です。志を抱いてそれぞれの道に分かれた友が何年かぶりに再会したわけですから同窓会みたいで幹事としても嬉しくなります。(っても、皆さんお役所仕事だから大げさですけどね)

 さて、いつまでも駅前でトーキングばかり盛り上がっていては、いつまで経っても山が近づきません。話の続きは歩きながらやってください!今回は猿橋駅を起点に百蔵山と扇山を縦走して、ひとつ東の鳥沢駅に下山する電車山行にはうってつけのコース設定です。ちなみに、中央線に沿って東西に並ぶ百蔵山と扇山、その北に位置する権現山の三山を「北都留三山」とか「郡内三山」と呼ぶそうですよ。

Dsc04551 猿橋に感動のEさん

 先ずは、登山道へ直行・・・ではなく、せっかく大月まで来たんですからこの地域を代表する観光スポット猿橋を見ていきましょうよ。山笑はここ数年毎年訪れている猿橋ですが、他のメンバーは初めてというので、これは是非見てもらいたいところです。(参照:http://yama-umi.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-ef7c.html

Dsc04554_2 猿橋から見下ろす桂川の渓谷
 猿橋は桂川の深い渓谷に架けられた刎橋で、その独特の構造が、野猿の群れが手足を繋ぎあって橋を作り谷を渡る伝説に似ているので、その名がついたといわれています。山口の錦帯橋、徳島のかずら橋と並んで日本三大奇橋と紹介すれば、メンバーは大喜びです。「日本三大○○」とかって万人受けしますよね。

Dsc04552 ヒメウツギ

Dsc04556 ヤマフジも爛漫

 さて、猿橋を堪能したら百蔵山に向かいます。登山口までは、桂川左岸の段丘斜面の住宅地を上り詰めていきます。百蔵山や扇山など桂川左岸の山は南面の明るい山で一年を通じて山歩きが楽しめる人気の山ですが、この日は一足早い真夏日となったので、まだ朝だというのに汗が吹き出てきました。

Dsc04562 台形の格好良い百蔵山

Dsc04557 葛野川対岸の岩殿山(右手奥は大菩薩連嶺)

 やがて正面に台形の姿形の良い百蔵山が近づいてきました。左手には桂川支流の葛野川の対岸に大月を中心とする郡内地方領主小山田氏の山城のあった岩殿山。その奥に大菩薩連嶺の山並みが見えています。振り返ってみると・・・

Dsc04561 Mt.Fuji!

 桂川対岸の九鬼山の向こうから富士山が覗いていました。うだるような暑さが嘘のようにまだ雪を裾野まで下ろした姿には、一同思わず歓声が上がりました。それにしても、富士子ちゃ~んを遮る九鬼山の奴め、何とも憎々しいことか。ヨシ!今回仲間も増えたことだし、鬼(九鬼)退治といきますか。(九鬼山にとっては、とんだ言いがかりがつきましたが、千メートルに僅かに足りないこの山も山梨百名山にノミネートされている人気の山ですので、悪しからず。)

 でも、中年サラリーマン4人が集まって鬼退治なんてできるんでしょうか。鬼退治といえば節分・・・もとい、鬼ヶ島に鬼退治に行ったのは桃太郎ですよね。桃太郎の鬼退治には、桃太郎とサル、イヌ、キジの3匹のお供の4人グループ。4:4でピッタリだ。それに桃太郎伝説は遠く岡山県の昔話と思いきや、実はこの大月にも桃太郎伝説があ~るんです!

 既に紹介した今回山行の始点猿橋。

Dsc05790 西丹沢のサル

 扇山の山麓には犬目という地名があります。

Dsc00012 今は亡き愛犬ター号

 今回山行の終点が鳥沢駅。

P1030716 愛鷹山麓のキジ

 じゃあ肝心の桃太郎さんは?って~と・・・

Dsc02836 山梨といえば全国一の桃の産地

 山梨県は全国一の桃の産地じゃあないですか。それに我々一行を見下ろしているのが百蔵山(ももくらやま)じゃああ~りませんか。よし!猿橋(サル)は得た。これから百蔵山(桃)、扇山(桃太郎の持つ扇)を縦走して、犬目(イヌ)に下り、鳥沢(キジ)の至れば、もう九鬼山(鬼)は恐れるに足らず。各々方、いざ参ろうぞ!(つづく)

« 根津神社のつつじ 4月20日 | トップページ | 山行 モモクラクローバーZ! 百蔵山・扇山その2 »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/73358090

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 三匹が四匹になったら鬼退治?! 百蔵山・扇山その1:

« 根津神社のつつじ 4月20日 | トップページ | 山行 モモクラクローバーZ! 百蔵山・扇山その2 »