« 軍馬南房総の花道をラストラン | トップページ | 県下随一の桜の名木 長興山のしだれ桜 »

2018年4月 5日 (木)

山行 ミツマタに囲まれた甘いひと時 ミツバ岳

 丹沢を彩る山の花々の中で春一番に開花するのがミツマタです。例年のお花見は、里で梅→山でミツマタ→里で桜→山でツツジの順番なのですが、今年は桜が早かったのでミツマタの存在をすっかり忘れておりました。こりゃあ、ミツマタはもうダメかもわからんね。

 3月末日、ひょっこり丹沢湖畔にやって来た山笑。道中、至るところで桜が咲き乱れていて、特に山北駅周辺の桜は見事なものでした。むしろそっちを楽しんだ方が良いのではないかという思いもありましたが、そこは山屋のプライドが優って丹沢湖までたどり着きました。

Dsc04298 湖畔のツバキ Dsc04345 世附権現山の山桜

 ミツマタの群生するミツバ岳への登山口は、丹沢湖左俣の世附からです。左俣へはバスが入らないので、湖畔の道路を多くのハイカーが歩いていました。湖畔の駐車場も車がいっぱいです。と、いうことは・・・ミツマタ見頃なんでしょうか?

Dsc04301 フデリンドウ Dsc04354 タチツボスミレ

 今回、1年前に歩いた湖畔~ミツバ岳~世附権現山~湖畔の周回ルートとほぼ同じでしたので、ルートの状況はその時のものをご参照ください。(参照:http://yama-umi.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-1503.html

Dsc04323 ミツマタの群落

 登山口から小1時間でミツバ岳山頂に到達しました。予想通り満開のミツマタが待っていました♪

Dsc04322 丹沢湖を見下ろし・・・

Dsc04317 富士山を見上げる。

 山頂には多くのハイカーが訪れていましたが、皆さん思い思いの場所に腰を下ろして、満開のミツマタに囲まれながら、丹沢湖の青い湖面や雪を頂いた富士山を眺めていました。甘い香りも相まって、暫し、浮世を忘れる別天地でした。

Dsc04321 下から見上げるのがミツマタ通です。

 今回もミツバ岳から世附権現山を経て湖畔に戻りました。前回同様、権現山からの下りはバリエーションルートの探索にチャレンジしましたが、今回もものの見事に失敗して、満身創痍で湖畔の道路にたどり着きました。

« 軍馬南房総の花道をラストラン | トップページ | 県下随一の桜の名木 長興山のしだれ桜 »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/73240218

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 ミツマタに囲まれた甘いひと時 ミツバ岳:

« 軍馬南房総の花道をラストラン | トップページ | 県下随一の桜の名木 長興山のしだれ桜 »