« ガンダムとラグビーの街 上井草で御朱印集め | トップページ | 富士宮浅間大社にアヒル鳴く »

2018年6月13日 (水)

新井薬師で眼力を養う

 西武新宿線上井草から10分ほど新宿に戻ったところに新井薬師駅があります。今度はここで下車して、新井薬師を訪れました。関東三大師の西新井大師というのは知っていましたが、新井薬師は知りませんでしたが、高尾山薬王院、伊勢原の日向薬師、相模原の峰薬師と並んで四大薬師なんだそうです。駅から懐かしい昭和風情の残る商店街を通り抜けて15分ほど。ちなみに新井薬師の駅にもコインロッカーがなかったので、例によって橋屋のキャリーバックをガラガラと。橋屋ときたら、この頃になるとキャリーバックは人に任せ切りとなり、挙句の果てには人をポーター呼ばわりする始末。

Img_8206 新井薬師

 新井薬師こと新井山・梅照院は、安土桃山時代創建の真言宗寺院です。本尊は表が薬師如来、裏が如意輪観音という表裏一体の秘仏で、12年に1度の寅年に御開帳が催されるそうです。本尊は寺の創建よりもさらに古く、弘法大師空海の作といわれていますが、中世新田氏の居城上州金山城(太田市)に安置されていたものだそうです。

Img_8208 本堂

 薬師如来は病気快癒のご利益がありますが、徳川二代将軍秀忠の五女、後水尾天皇に嫁いだ和子が目を患った際、新井薬師に快癒祈願をしたところ見事回復をしたことから、特に眼病の快癒に御利益があると信仰を集めています。そろそろ老眼という言葉が目先をちらつく年齢となった山笑ですが、前日の健康診断では裸眼で左右とも1.0でした。クックックッ・・・ジオンはあと10年は戦える。病気はともかく、人を見る目。品定めの目。危険を察知する目など眼力を授かるよう祈願してまいりました。

Img_8207 金魚屋さん

 境内には、お菓子、乾物、雑貨、金物、衣類などを商う露天が並んでいました。並ぶそう品がいかにもシニア層向けなので、巣鴨のとげぬき地蔵尊みたいだと思ったら、案の定、あっちとこっちと掛け持ちしているそうです。その中で金魚屋さんが懐かしく、暫し釘付けになってしまいましたが、この後飲み会があり、家まで生かして帰る自信がなかったので、諦めました。

Img_8213 哲学堂にも行きました。

 新井薬師から駅に戻って、更に駅の反対側にある哲学堂公園にも行きました。中野哲学堂は、東洋大学創始者で哲学者の井上円了が世界四大哲学者ソクラテス、カント、孔子、釈迦を祀る四聖堂を建て、その後公園として東京都に寄贈した場所です。公園内には、哲学的な意匠を凝らした奇妙な石像が点在しているので、別名「妖怪公園」と呼ばれてB級スポット的な扱いも受けています。香ばしいものが大好物な山笑。ここは楽しみしていたのですが、訪れてみると至って真面目な公園で残念でした(笑)

 暑い中、重い荷物を引きながらの半日でしたので、喉がカラカラです。ビール!ビール飲みに行こう♪

« ガンダムとラグビーの街 上井草で御朱印集め | トップページ | 富士宮浅間大社にアヒル鳴く »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/73672707

この記事へのトラックバック一覧です: 新井薬師で眼力を養う:

« ガンダムとラグビーの街 上井草で御朱印集め | トップページ | 富士宮浅間大社にアヒル鳴く »